ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ソニー、PSP用のデジタルコミック配信サービスを検討中

携帯ゲーム PSP



Sony Computer Entertainment Europe(SCEE)は、PSP用のデジタルコミックを配信するPlayStation Storeの新たなサービスを準備しているようです。同社は、一部のゲーマーを対象に、調査用に作られた上のモックアップ動画を見せて、サービスの利用料やコミック配信価格など料金モデルのアンケートを実施。

アンケート内容によると、コミックの配信価格は、1冊あたり99セント〜2.99ドル(約300円)、グラフィックノベルや漫画だと4.99ドル〜14.99ドル(約1500円)、サービスの月額利用料は7ドル〜15ドルという価格の範囲で意見が集められたようです。

ズームインやAuto-Flow(自動コマ移動)などの機能を持ち、携帯機との相性も良さそうなデジタルコミック。正式に導入されれば、ユーザーに定着するサービスとなるのでしょうか。やはり配信価格や品揃えが鍵になりそうです。(ソース: VideoGamesBlogger: PSP Store might get downloadable comics)

【関連記事】
UMDを廃止、ゲームはデジタルダウンロード専用に?止まらない新型PSPの噂
スライドスクリーンを採用… 今度こそ本当?かもしれないPSP-4000の噂
タッチスクリーン、トロフィー、Home… ソニーがPSPの新機能を検討中?
GC 08: 今度のPSPはマイク内蔵、画面も強化!新型『PSP-3000』正式発表
ソニー、PSNのバーチャルコンソール化を計画。PS one以外の旧作配信も視野に
『Assassin's Creed』『LittleBigPlanet』『MotorStorm』他。PSP用ビッグタイトルが一挙に発表!
《Rio Tani》

携帯ゲーム アクセスランキング

  1. PS Vitaでも「あと1ターン」が止められない恐怖!『シヴィライゼーション レボリューション2+』プレイレポ

    PS Vitaでも「あと1ターン」が止められない恐怖!『シヴィライゼーション レボリューション2+』プレイレポ

  2. PS Vita版『ウォーキング・デッド』日本語版がスクエニから発売決定―レーティングはCERO Zで追加DLCも収録

    PS Vita版『ウォーキング・デッド』日本語版がスクエニから発売決定―レーティングはCERO Zで追加DLCも収録

  3. 「PS Vita スターターキット」3月3日発売、本体+メモリーカード16GBで19,980円

    「PS Vita スターターキット」3月3日発売、本体+メモリーカード16GBで19,980円

  4. 「ゲームに登場するスゴい忠犬」独自発表 − 海外ゲーマー VS Game*Spark

  5. 国産テイストなPC向け近未来バーテンダーシミュ『VA-11 HALL-A』PS Vitaにも対応へ

  6. 「Hulu」がPS Vitaに5月29日より対応開始 ─ タッチパネル操作にも対応

  7. 【E3 2015】『どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』最新映像が公開、デザインの幅広さに注目

  8. 「パイローグライク」な消防ゲーム『Flame Over』が海外PS Vita向けに配信

  9. 3DS向け本格TPS『アイアンフォール インベーション』配信開始…60fps動作や最大6人でのオン対戦が可能

  10. “リアル”ワンちゃんの逆襲!?本物の犬がニンテンドッグスのソフトを破壊

アクセスランキングをもっと見る

page top