“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

スパイク・ジョーンズ監督の新作映画『Where The Wild Thing Are』がゲーム化

May 26, 2009(Tue) 18:10 / by Rio Tani



『マルコヴィッチの穴』や『アダプテーション』を手掛けたスパイク・ジョーンズ監督の新作映画で、同名の名作絵本(かいじゅうたちのいるところ)を題材にした『Where the Wild Things Are』が、海外でゲーム化されるようです。

ゲーム版は正式に発表されたわけではありませんが、海外の開発会社Amaze Entertainmentのウェブサイトに情報が掲載、全てのコンソールプラットフォーム用に制作されているとのこと。Amaze Entertainmentは、ハリー・ポッターやロード・オブ・ザ・リングなど、多数の映画原作ゲームを手掛けているスタジオです。

残念ながらゲーム内容については一切情報がないものの、アメリカでは2009年秋ロードショーとなる映画と同時期の発売が予想されます。斬新な映像表現を持つスパイク・ジョーンズ監督の新作映画が、どのようにゲーム化されるのか興味深いですね。(ソース: Eurogamer)


※この記事には機種カテゴリが設定されていますが、ゲームの対応プラットフォームは未発表です。

【関連記事】
スティーヴン・スピルバーグ 「テレビゲーム機はドードー鳥のように絶滅する。」
『ダークナイト』のLegendary Picturesが元EA幹部をスカウト、ゲーム制作に着手
超巨大ロボも登場!『Transformers: Revenge of the Fallen: The Game』大迫力トレイラー
ハリウッド映画版『Prince of Persia: The Sands of Time』撮影フッテージが公開
映画版『Gears of War』のマーカス役は“ザ・ロック”…?脚本家がコメント
映画のワンシーンを3Dゲームエンジンで再現!『ブレードランナー』『フィフス・エレメント』他
新作映画を基にしたスペースシューター『Star Trek: D-A-C』XBLA、PSN、PCで今春登場
『X-Men Origins: Wolverine』最新メディア公開。GameStopでは予約特典も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image