拡張現実(AR)を取り入れた幽霊狩りゲーム『Ghostwire』DSi向けに発表 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

拡張現実(AR)を取り入れた幽霊狩りゲーム『Ghostwire』DSi向けに発表

携帯ゲーム DS



スウェーデンの開発会社A Different Gameは、拡張現実(Augmented Reality)の技術を取り入れた初の家庭用ゲームとなるGhostwireを、ニンテンドーDSi向けに制作開始したと発表しました。

拡張現実(Augmented Reality)とは、現実世界にコンピューターグラフィックのオブジェクトをリアルタイムで溶け込ませ、まるで本当にそこにあるかのように描写するというもの。本作Ghostwireでは、DSiのカメラを通して映した実際の風景に、恐ろしい幽霊の姿が浮かび上がります。

ゲームはただ幽霊を映し出すだけでなく、プレイヤーがゴーストハンターとなり、DSi本体を“幽霊交信デバイス”のように見立て、カメラ、マイク、タッチスクリーンを駆使しながら幽霊たちをつかまえて様々な謎を解いていくことになります。

こちらはリリース済みのモバイル版トレイラー


本作は海外でモバイル機種向けに既にリリースされており高い評価を受けているとのこと。幽霊が登場するホラーゲームはたくさんありますが、プレイヤーの周囲にある見慣れた風景に幽霊が現れるのは、ちょっと不気味で背筋の寒くなる体験かもしれません。(ソース&イメージ: Ghostwire: A Different Game takes award-winning Ghostwire game to Nintendo DSi)


【関連記事】
ホラーアドベンチャー『The Path』がSteamとDirect2Driveで販売開始
イギリスの研究グループ、テレビゲームのプレイ中に「匂い」を発する技術を開発中
GDC 09: まさに進化の礎。任天堂がデュアルスロットDSiなどのプロトタイプ機を公開
マイト&マジックがDSに登場!Ubisoft、『Might & Magic Clash of Heroes』を発表
Introversion Software、DS版『DEFCON』を販売するためパブリッシャーを募集中
アナリストがDS版『GTA』のセールス不振に言及。「サードパーティーが任天堂機種で成功するのは困難」
80年代の迷作をリメイクした『The Great Giana Sisters』最新スクリーンショット
《Rio Tani》

携帯ゲーム アクセスランキング

  1. 任天堂、3DS後継機を検討中

    任天堂、3DS後継機を検討中

  2. 日活の第2弾『クリーピング・テラー』が2017年1月18日配信決定―最新PVも公開!

    日活の第2弾『クリーピング・テラー』が2017年1月18日配信決定―最新PVも公開!

  3. 『かまいたちの夜 輪廻彩声』ビジュアライズ&ボイス実装で演出面を強化、竜騎士07による追加シナリオも

    『かまいたちの夜 輪廻彩声』ビジュアライズ&ボイス実装で演出面を強化、竜騎士07による追加シナリオも

  4. コンパイル創業者の新作パズル『にょきにょき』は『ぷよぷよ』の問題点の解決策から生まれた

  5. 「PS Vita TV 専用モニタ一体型コントローラ」9月17日発売決定!7インチで最大5時間の連続プレイが可能

  6. 手軽に本格派!Rockstarより音楽シーケンサーソフト『Beaterator』がPSPに登場

  7. 80年代のロボットアニメ『星銃士ビスマルク』海外版がゲーム化

  8. 今からはじめる『デススピ』―新章突入のPS Vita基本無料オンラインゲームを解説!

  9. 【特集】刺青の次はJKホラー!新作『CREEPING TERROR』に見た日活インディー魂

  10. 可愛い動物がボクサーに!? Gammick Entertainmentが『Animal Boxing』を発表

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top