あまりにもリアル過ぎ?バイオハザードのコスプレをしていた青年が逮捕される | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

あまりにもリアル過ぎ?バイオハザードのコスプレをしていた青年が逮捕される

ゲーム文化 カルチャー

※画像はイメージです。

シアトルでCrypticon Horror Conventionというゾンビに着飾り街を徘徊するイベントが開催され、バイオハザードの元アンブレラ特殊部隊員「ハンク」のコスプレをしたJayさんが捕まるという事件があったようです。

Jayさんは全身に黒いコスチューム、膝当て、ナイフ、グレネード、ガスマスク、マシンガンのような物で全身を着飾っていたようです。彼は翌週の金曜の晩に行われるイベントの宣伝としてCapitol Hillの衣料品店に入った所、覆面をした犯罪者が店の中にいると勘違いされてしまい警察に通報されてしまったようです。その後警察が到着し拘束されてしまいました。

ストアーのオーナーであるCarlさんは当時の状況をこう語っています。「警察が銃を構えながら店に入ってきて彼を捕まえたよ。それで俺も同じようにこう言ったんだ。“待ってくれコスチュームを着ている”」

そしてイベントの主催者であるSeageさんはそのコスチュームについてこう話しています。「私にはそれが少し出来すぎていたと思います。それはあまりにも現実的であったから警察も現れたのよ。」

と、なんとも不運な事に逮捕されてしまったJayさん。リアルすぎるコスチュームと言うのも悩み物ですがその後イベントの主催者であるSeageさんの好意によりイベントのトップ賞を与えられCrypticon conventionのVIPパスを獲得する予定にあるそうです。(ソース: Kotakuイメージ flickr)

【関連記事】
『BIOHAZARD:Degeneration』のトレイラーが初公開
フルCG映画版バイオ『BIOHAZARD: Degeneration』 Comic-Con新着トレイラー
『Grand Theft Auto』『バイオハザード』フランチャイズが達成したギネス記録!
《Round.D》

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 【特集】『ハースストーン』開発者インタビュー!―バハマ開催や日本のe-Sportsについて直撃

    【特集】『ハースストーン』開発者インタビュー!―バハマ開催や日本のe-Sportsについて直撃

  2. 『ウィッチャー』原作者が明かす“後悔”―「ゲームの成功を信じられなかった」

    『ウィッチャー』原作者が明かす“後悔”―「ゲームの成功を信じられなかった」

  3. 登場から26年…初代『ストリートファイターII』の新コンボが発見!

    登場から26年…初代『ストリートファイターII』の新コンボが発見!

  4. 『ニーア オートマタ』コラボカフェ第2期が決定!―展示の2Bドールにも大反響

  5. 誘拐少女が孤島で生き抜く『Die Young』アルファ版が配信開始

  6. 【レポート】リゾート地が酒場に!「ハースストーン冬季選手権」バハマ現地フォトレポ

  7. 『オーバーウォッチ』をファンタジーRPG風に描いたら?―魅力的ファンアート!

  8. アタリアーケード名作の隠し要素、40年越しに見つかる

  9. ゲリラの人材募集映像に『Horizon Zero Dawn』のアイツが…?

  10. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top