“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

『ファイナルファンタジーXI』のユーザーがスクウェア・エニックス米法人を集団訴訟

June 25, 2009(Thu) 20:05 / by Rio Tani

アメリカでファイナルファンタジーXIのユーザーらが、スクウェア・エニックス米法人に対し、500万ドル以上の損害賠償を求める集団訴訟を起こしたそうです。Courthouse News Serviceが報じました。

原告の代表であるEsther Leong氏の訴えによると、スクウェア・エニックスは、ファイナルファンタジーXIの月額料金システム、支払遅延のペナルティー、アカウント停止中の課金、その他重要な制約事項等、商品購入時に知らせるべき必要な情報を告示せず、不公正な商法や虚偽の広告で不当に利益を得ていたとのこと。

被害を受けたとする原告側は500万ドル(およそ4億8000万円)以上の損害賠償を要求。PDFの訴状がこちらで公開されています。この件についてスクウェア・エニックスから正式な回答はまだ発表されていません。(ソース: Courthouse News Service: Class Sues Online Gamer Square Enix via 1UP)


【関連記事】
噂:『ファイナルファンタジーXIV』のベータテストが海外で9月にスタート?
E3 09: 『ファイナルファンタジーXIV オンライン』発表!PS3とPCで2010年登場
サービス終了のMMORPG『Tabula Rasa』サーバー停止最後の瞬間
中国産ブラウザMMOゲーム、『ラグナロクオンライン』や『WoW』などから盗作が発覚
スクエニが4年掛かりの海外ファンプロジェクトを差し止め → 一部から批判の声
スクエニ和田社長 「Eidosと共同でオリジナルタイトルを制作したい」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image