「自国のゲームで遊んでください」日本の18禁ゲームメーカーが海外からのアクセスを制限 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「自国のゲームで遊んでください」日本の18禁ゲームメーカーが海外からのアクセスを制限

ニュース 最新ニュース

日本のアダルトゲーム「レイプレイ」が海外で販売されていたことを発端に、人権団体などから抗議が相次ぎ、国内にまで広がりつつある18禁ゲーム規制の動き。自主規制のムードもある中、海外からのアクセスをシャットダウンするメーカーサイトが現れ、国外のファンの間で波紋を呼んでいます。

Canned Dogsなどの報告によると、IP制限で日本以外からのアクセスをブロックしているのは、minoriゆずソフトビジュアルアンテナ(ビジュアルアーツ)などの公式ウェブサイト。

海外のファンからクレームがあったのか、minoriのウェブサイトには「日本の政治家に直接抗議してください」といった内容の説明文が後から追加されましたが、ビジュアルアーツのサイトには英語で以下のような声明文が掲載されている模様。

もしあなたが世界の平和を願うなら、どうか自国のゲームで遊んでください :-)


こうしたメーカーの動きについて海外ユーザーからは、「どうせ見たい奴はプロキシ使ってアクセスしちゃうんだから無意味」といったコメントや、「彼らを責めることはできない」「騒ぎが収まるまでそっとしておくべき」と同情を示す声、「メーカーがブロックしているのはユーザーではなく、海外のメインストリームメディアや抗議団体なのでは」といった意見も見られました。(ソース: Canned Dogs, Japanator, Kotaku)


【関連記事】
イギリスの議員が、アマゾンで売られる日本の18禁ゲーム『レイプレイ』を国会で追及
スクエニが4年掛かりの海外ファンプロジェクトを差し止め → 一部から批判の声
『FF13』のシヴァ姉妹バイク変形姿を見た海外ユーザーの反応は…
ちょっとショック…『Mirror's Edge』 あの萌えFaith画像に、中の人がキャラクターを語る
「ブタ企業」呼ばわりした暴力規制団体の女性に、Electronic Artsが謝罪を要求
EAが仕組んだ『Dante's Inferno』のやらせ抗議運動に、宗教活動家らが抗議
ストックホルム症候群を題材にしたインタラクティブゲームに女性団体が抗議
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. 【PSX 16】Naughty Dog新作『The Last of Us Part II』が発表!【UPDATE】

    【PSX 16】Naughty Dog新作『The Last of Us Part II』が発表!【UPDATE】

  2. 【PSX 16】『デス・ストランディング』エンジン「Decima」はGuerrilla Gamesとの共同開発

    【PSX 16】『デス・ストランディング』エンジン「Decima」はGuerrilla Gamesとの共同開発

  3. 【PSX 16】『エースコンバット 7』最新トレイラーお披露目!空の激戦描かれる【UPDATE】

    【PSX 16】『エースコンバット 7』最新トレイラーお披露目!空の激戦描かれる【UPDATE】

  4. 夢のタッグ再び!『MARVEL VS. CAPCOM: INFINITE』が国内で2017年後半発売!

  5. 『SFV』世界大会「Capcom Cup 2016」優勝は米国NuckleDu選手、日本人選手は3位に

  6. 高級車を盗め!『GTAオンライン:カーディーラー』12月配信―60台収容ガレージも

  7. 【PSX 16】JAPAN Studio新作『KNACK 2』がPS4向けに発表!

  8. 『デス・ストランディング』採用エンジンは“DECIMA”か―Guerrilla Games製エンジンがベースとの噂も

  9. 【PSX 16】シリーズ最新作『Marvel vs Capcom: Infinite』発表!

  10. 【PSX 16】『ストリートファイターV』に「豪鬼」登場決定!新たなシーズンパスも発表!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top