認知度低下を懸念?『Modern Warfare 2』に“Call of Duty”のブランド名が復活 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

認知度低下を懸念?『Modern Warfare 2』に“Call of Duty”のブランド名が復活

PC Windows



“Call of Duty”というブランド名を取り去ったことにより認知度が大幅に低下してしまったModern Warfare 2ですが、Infinity WardのRobert Bowling氏がTwitterにリンクしたボックスアート写真から“Call of Duty”の名が再び復活したことが明らかとなりました。

新たなブランドの確立を狙い“Call of Duty”という冠を外したModern Warfare 2ですが、認知度の大幅な低下はActivisionにとって予想外だったようで、ボックスアートの“Call of Duty”も取り合えず付け加えましたという感じがしますね。また“Modern Warfare”の名前もメインにしたい気持ちの表れか、“Call of Duty”“Modern Warfare”ともに同じくらいの大きさで描かれています。

果たして最新作Modern Warfare 2は依然として大きな力を持つ“Call of Duty”ブランドから脱却し、新たな“Modern Warfare”ブランドを確立することが出来るほどのインパクトをユーザーに与えることが出来るのでしょうか。

色々な意味で非常に楽しみなCall of Duty: Modern Warfare 2はWindows PC/Xbox 360/PS3で11月10日に発売予定です。
(ソース&イメージ: Kotaku)


【関連記事】
Activision、『Singularity』の延期を発表。原因は『Modern Warfare 2』
“Call of Duty”のブランドネームを失った『Modern Warfare 2』は認知度が大幅に低下
『Modern Warfare 2』キャンペーンモードはCo-op非対応、2人用のSpecial Opsモードを実装
特典内容はまだ不明。『Modern Warfare 2』のCollector's EditionがGameStopで予約開始
シミュレーターよりもエンターテインメント性に焦点『Modern Warfare 2』開発元の代表がコメント
E3 09: 『Modern Warfare 2』MSカンファレンス直撮りゲームプレイ映像

- トップに戻る -

《RIKUSYO》

PC アクセスランキング

  1. 新作WW2FPS『Fog of War』がSteam早期アクセス!―広大な戦場で50vs50の戦いが展開

    新作WW2FPS『Fog of War』がSteam早期アクセス!―広大な戦場で50vs50の戦いが展開

  2. PC/XB1『Ooblets』は『ポケモン』『牧場物語』『どうぶつの森』を混ぜたような農業ゲーム

    PC/XB1『Ooblets』は『ポケモン』『牧場物語』『どうぶつの森』を混ぜたような農業ゲーム

  3. PC版『ゴーストリコン ワイルドランズ』日本語OBTプリロード開始!

    PC版『ゴーストリコン ワイルドランズ』日本語OBTプリロード開始!

  4. 『デッドライジング4』Steam版予約開始、Win10以外でもフランクさんが大活躍!

  5. オープンワールド『The Day After』海外発表―細菌により隔離された鉱山都市

  6. 日活『刺青の国』のSteam版およびPS Vita英語版が販売へ

  7. 『ドラゴンクエストヒーローズII』のSteam版が海外発表―4月配信予定

  8. 『ゴーストリコン ワイルドランズ』海外ゲームプレイ!4人Co-opからキャラカスタマイズまで

  9. 仏産ケモノRPG『Shiness』最新トレイラー!アニメ風表現がすごーい!

  10. PC版『Rainbow Six Siege』期間限定で低価格版を販売―違いはアンロック方法のみ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top