ハードコアゲーマーのためのWebメディア

あんな顔やこんな顔。もはや奇面フラッシュに近いピカチュウ百面相!

ゲーム文化 カルチャー


こちらはベースとなるテンプレート画像

海外サイトのSomething Awfulがフォーラムにて募集した、ピカチュウの顔面改造アートが多数紹介されています。適当に描いたものから気合が入ったもの、グロいものから可愛いものまで、ピカチュウの改造顔面は様々です。











あまりのバリエーションの多さにもはや奇面フラッシュ状態……。なんでも募集をかけて集まった改造顔面は900点にも及んだそうで、今回紹介されているのはその中のほんの一部。その他紹介されなかった改造顔面はフォーラムで見ることが出来るので是非ご覧ください。
(ソース&イメージ: Something Awful)


【関連記事】
幾つになっても衰え知らず。ゲームの世界のちょいワル老人7人衆!
誰もが一度は通る道。『初心者が必ず犯す典型的なミス』22選!
変顔&不気味な動き連発!PC版『ストリートファイターIV』キャラモーション入れ替え改造
本日の一枚 『醜悪すぎるワリオのイラスト』

- トップに戻る -

《RIKUSYO》

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『オーバーウォッチ』の「Nepal」マップはこんな構造だったのか!―エリア外に進入できるグリッチで判明

    『オーバーウォッチ』の「Nepal」マップはこんな構造だったのか!―エリア外に進入できるグリッチで判明

  2. 【コラム】『ファイナルファンタジーXV』と「リアル」の変質

    【コラム】『ファイナルファンタジーXV』と「リアル」の変質

  3. 『シェンムー3』サブディレクターとしてシリーズ主要スタッフ岡安啓司氏が参加

    『シェンムー3』サブディレクターとしてシリーズ主要スタッフ岡安啓司氏が参加

  4. 映画版『アンチャーテッド』脚本家としてジョー・カーナハン参加、「特攻野郎Aチーム」など製作経験

  5. ドキュメンタリー「Branching Paths」国内配信開始―日本インディーゲーム界を今を描く

  6. 実写のような空気感!『GTA V』ビジュアルMod「NaturalVision」が公開

  7. SF青春ADV『ライフ イズ ストレンジ』実写映像シリーズが製作決定

  8. 錦糸公園、鶴舞公園など『ポケモンGO』人気スポットにトレーナー殺到

  9. 英雄は悩殺!『オーバーウォッチ』マーシーの天使コスプレ―D.Vaちゃんのごろ寝ショットも

  10. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top