社会心理学者「テレビゲームの主人公が白人男性ばかりなのは問題」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

社会心理学者「テレビゲームの主人公が白人男性ばかりなのは問題」

ニュース 最新ニュース

アメリカの社会心理学者がビデオゲームのキャラクターに関する研究を行い、ゲームの主人公が若い白人男性ばかりなのは問題だと指摘する論文を発表しました。

社会心理学者で南カリフォルニア大学の助教も務めるDmitri Williams氏は、全てのプラットフォームやレイティングを含む1年以内に発売された150作品のゲームを対象に、登場キャラクターの傾向を調査。その結果、成人の白人男性を主人公にしたゲームが多すぎることが分かったそうです。

氏の研究報告によると、特に分布が少ないのはヒスパニックやラテン系のキャラクターで、一部のゲームで確認できたものの、そのほとんどはノンプレイアブルの脇役であるとのこと。

“ラテン系の子供たちは白人の子供よりもたくさんゲームで遊んでいるのに、彼らは自身の人種でプレイすることができない。これは同一性形成において問題だ。(中略)皮肉なことに彼らがゲーム制作者になることも少ないので、この循環が断ち切れないでいる。”

女性、ネイティブ・アメリカン、子供、高齢者といった存在もゲーム中に登場する機会は少なく、プレイアブルキャラクターのうち女性キャラクターは全体の10%という結果に。その一方、アフリカ系のキャラクターは現実と同じ割合でゲームに登場するものの、そのほとんどはスポーツゲームだったり、50 Cent Bulletproofのようなステレオタイプを助長する描写が多いようです。

尚、この研究の対象となったゲームには、人間が登場しないものや、キャラクターが画面上に表示されないファーストパーソンゲームは含まれていないとのことです。(ソース: Science Daily: Video Game Minority Report: Lots Of Players, Few Characters)

【関連記事】
イギリスの研究グループ、テレビゲームのプレイ中に「匂い」を発する技術を開発中
大手メディア記者が『Left 4 Dead 2』を人種差別的だとブログで非難 → 炎上
賛否両論…『バイオハザード5』人種差別問題、米大手メディアでも議論の的に
『おいでよ どうぶつの森』のトロワさんがゲーム内で人種差別発言、任天堂が謝罪に
『テトリス』にはトラウマを軽減する効果がある。イギリスでの調査結果
MMOのユーザーにはバイセクシャルの女性が多い… 米調査結果から明らかに
「セックスするより新作ゲームで遊びたい。」男性の約7割が回答−海外での調査結果
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. 【PSX 16】『デス・ストランディング』エンジン「Decima」はGuerrilla Gamesとの共同開発

    【PSX 16】『デス・ストランディング』エンジン「Decima」はGuerrilla Gamesとの共同開発

  2. 【PSX 16】Naughty Dog新作『The Last of Us Part II』が発表!【UPDATE】

    【PSX 16】Naughty Dog新作『The Last of Us Part II』が発表!【UPDATE】

  3. 『SFV』世界大会「Capcom Cup 2016」優勝は米国NuckleDu選手、日本人選手は3位に

    『SFV』世界大会「Capcom Cup 2016」優勝は米国NuckleDu選手、日本人選手は3位に

  4. 「PlayStation Experience 2016」開催情報ひとまとめー小島秀夫氏『Death Stranding』、VR版『エースコンバット 7』など登場

  5. 【PSX 16】『エースコンバット 7』最新トレイラーお披露目!空の激戦描かれる【UPDATE】

  6. 夢のタッグ再び!『MARVEL VS. CAPCOM: INFINITE』が国内で2017年後半発売!

  7. 【PSX 16】JAPAN Studio新作『KNACK 2』がPS4向けに発表!

  8. タイ産の1人称病院ホラー『ARAYA』がSteam Greenlightに登場

  9. 『デス・ストランディング』採用エンジンは“DECIMA”か―Guerrilla Games製エンジンがベースとの噂も

  10. 【TGA 16】マッツ・ミケルセンにデル・トロ監督も登場の小島監督最新作『デス・ストランディング』最新映像!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top