ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

宮本茂氏「ビデオゲームの未来は完全デジタル化ではない」

August 03, 2009(Mon) 16:49 / by Rio Tani

SteamやDirect2Driveが急速にセールスを伸ばし、Xbox LIVEやPlayStation Networkでもゲームのダウンロード販売が一般的になりつつありますが、こうしたデジタルディストリビューションサービスについて、任天堂の宮本茂氏が海外サイトのインタビューで自身の考えを述べています。

まずは宮本氏は、ダウンロード販売がパッケージングなどに費用が掛からず、一部のデベロッパーにとって大きなチャンスになるといった利点を挙げた上で、例えiTuneで全曲持っていたとしても自分ならCDが欲しい、物理メディアの方が安心できる、と回答。最近発売したWiiモーションプラスを例に、将来娯楽やテレビゲームが完全にデジタル化することは考えにくく、任天堂の製品も大部分がダウンロード販売されるようなことはないと話しています。

Wiiウェアやバーチャルコンソールといったサービスを展開している任天堂ですが、XboxのオンデマンドゲームやPSP GoのUMD撤廃など完全ダウンロードの方向へ動きつつある他社とはスタンスが少し異なるのかもしれません。(ソース: The Mercury News: interview: Shigeru Miyamoto, head of game development, Nintendo)


【関連記事】
宮本茂氏、XboxのNatalについて「ゲームは手に握るコントローラーが必要」
宮本茂氏、Wiiのゲームに搭載する“ヘルプ機能”の存在を認める
ハイビジョンには…?「安心して待っててください」次世代機について宮本氏が海外TVに語る
ソニー、10月1日より発売済みPSPタイトルの大多数をダウンロード販売開始
E3 09: ソニー、ユーザーの所持するUMDをデジタル版に交換するサービスを計画中
E3 09: マイクロソフト、Xbox 360用ソフトの完全ダウンロード販売を8月からスタート
新機能が満載!Xbox 360ダッシュボードの次期アップデートは8月11日にリリース
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image