ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ゲーム機の改造代行で大学生が逮捕。長期禁固刑の可能性も

ニュース 最新ニュース


アメリカの国土安全保障省は、海賊版ソフトが動作するようゲーム機を改造する代行業を行っていたとしてカリフォルニア州立大学フラトン校に通う学生を逮捕しました。逮捕されたMichael Crippen容疑者は$30でゲーム機の改造を請け負ったことを認めていますが、彼はこの改造が合法的にパックアップされたソフトを動作させるためのものであると主張しています。

しかしながら1998年に制定されたデジタルミレニアム著作権法では「DRMセキュリティの回避」が違法とみなされており、動作させるソフトが合法的にバックアップされたものかどうかに関わらず、著作物へのアクセスをコントロールする機構(ディスクチェックなど)を回避する行為自体がアウトとなります。

現在彼は$5,000(約48万円)の保釈金を支払い保釈されていますが、今後行われる裁判で彼の有罪が確定すれば最大で10年の禁固刑が科せられる可能性があります。この裁判の結果は金銭目的ではなく、知的探究心からゲーム機改造を行っているModderから大きな注目を集めるのではないでしょうか。

余談ですが、改造技術はどこで学んだのか?という問いに対して彼は「Google」と答えています。
(ソース: SciTechBlog, Threat Level, イメージ: GameSpot)


【関連記事】
32歳女性、16歳の少年に猥褻目的でXbox LIVE カメラを買わせて逮捕−アメリカ
Wiiを盗んだ少年と、それを質屋に売らせようとした母親が逮捕される−アメリカ
あまりにもリアル過ぎ?バイオハザードのコスプレをしていた青年が逮捕される
PS3を使って11歳の少女にヌード写真を要求した男が逮捕−アメリカ
Xboxの電源を切られて激怒した息子、母親をタコスで攻撃して刑務所入り−アメリカ

- トップに戻る -

《RIKUSYO》

ニュース アクセスランキング

  1. 任天堂、『ポケモンGO』が業績に与える影響は「限定的」と言及

    任天堂、『ポケモンGO』が業績に与える影響は「限定的」と言及

  2. DC格闘『Injustice 2』最新トレイラー、悩殺ワンダー・ウーマンが参戦!

    DC格闘『Injustice 2』最新トレイラー、悩殺ワンダー・ウーマンが参戦!

  3. 『FIFA 17』日本版初回パッケージに槙野智章選手!サイン入りユニのプレゼントも

    『FIFA 17』日本版初回パッケージに槙野智章選手!サイン入りユニのプレゼントも

  4. ソニックが2人!?『Project Sonic』海外発表―NX/PS4/XB1/PC向けに開発中

  5. 『ポケモンGO』ポケストップ効果で大手ゲーム小売GameStopの売上倍増―CEO「非常に満足」

  6. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

  7. 『オーバーウォッチ』が首位、ハードは大きな落ち込み―2016年6月の米国セールスデータ

  8. マルウェアが仕込まれた偽『ポケモンGO』見つかる―McAfeeが注意喚起

  9. PS4『エースコンバット 7』が国内向けに正式発表!オーシア連邦が存在する架空世界へ再び

  10. 配信開始の『Pokemon GO』ゲーム情報が続々公開―安全にプレイするための注意事項も

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top