ハードコアゲーマーのためのWebメディア

直撮り映像でも確認。『Modern Warfare 2』の被ダメージ表現はより生々しいものに

PC Windows





既にコンソール版の予約本数が100万本を突破し、米大手ゲームショップGameStopの上級副社長Tony Bartel氏も史上最大のベストセラーとなるかもしれないと大きな期待を寄せているModern Warfare 2ですが、今作ではダメージを受けた際の表現がより生々しいものとなっているようです。

実際のプレイ動画を見てもらうと分かるように、ダメージを受けるたびに真っ赤な血が画面を覆っていきます。動画のラストでハイスピードのスノーモービル同士が激突したシーンでは画面全体におびただしい量の血が……。

この被ダメージ表現は非常に迫力がありますが、苦手と言う方もいると思うので、設定で変更できた方が良いかもしれませんね。ちなみに前作Call of Duty 4: Modern Warfareでは充血した目のような表現となっていました。


(ソース: PlayStation LifeStyle, ビデオ: YouTube)


【関連記事】
『CoD: Modern Warfare 2』現時点ではパブリックなマルチプレイベータの計画は無し
その先には一体何が…『Modern Warfare 2』最新スクリーンショット
発売まで3ヶ月『Modern Warfare 2』北米での予約本数は82万本
DCからコミック化決定!『Modern Warfare 2: Ghost』が発表
Mad Catzが『Modern Warfare 2』用コントローラー及びアクセサリーの販売権を獲得
50 Centが『Modern Warfare 2』にカメオ出演?公式サイトから明らかに

- トップに戻る -

《RIKUSYO》

PC アクセスランキング

  1. PC版『No Man's Sky』ローンチから半月でプレイヤー数が9割減―SteamSpy統計より

    PC版『No Man's Sky』ローンチから半月でプレイヤー数が9割減―SteamSpy統計より

  2. 『オーバーウォッチ』PTRでハンゾーとソルジャー76が調整―次期アップデート

    『オーバーウォッチ』PTRでハンゾーとソルジャー76が調整―次期アップデート

  3. 欧州でPC版「PlayStation Now」始動、『風ノ旅ビト』『ラスアス』など名作揃い

    欧州でPC版「PlayStation Now」始動、『風ノ旅ビト』『ラスアス』など名作揃い

  4. VR対応のワイプアウト風レーシング『Redout』Steamで9月3日配信

  5. 『シヴィライゼーション VI』数量限定の「25周年エディション」海外発表

  6. 新作スリラーFPS『Get Even』ゲームプレイ!大人向けな重厚ストーリーが紡がれる

  7. 『Overwatch』海外公式フォーラムでミステリアスな投稿―「Sombra」の新たなヒントか

  8. 『LoL』不人気チャンピオン“ヨリック”に大規模アップデート、ダークな死霊術師に

  9. 『オーバーウォッチ』次期バランス調整の詳細が公開―ゲンジ弱体化など変更多数

  10. 『Overwatch』新マップ「Eichenwalde」に『DARK SOULS』のアレが……!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top