ハードコアゲーマーのためのWebメディア

直撮り映像でも確認。『Modern Warfare 2』の被ダメージ表現はより生々しいものに

PC Windows





既にコンソール版の予約本数が100万本を突破し、米大手ゲームショップGameStopの上級副社長Tony Bartel氏も史上最大のベストセラーとなるかもしれないと大きな期待を寄せているModern Warfare 2ですが、今作ではダメージを受けた際の表現がより生々しいものとなっているようです。

実際のプレイ動画を見てもらうと分かるように、ダメージを受けるたびに真っ赤な血が画面を覆っていきます。動画のラストでハイスピードのスノーモービル同士が激突したシーンでは画面全体におびただしい量の血が……。

この被ダメージ表現は非常に迫力がありますが、苦手と言う方もいると思うので、設定で変更できた方が良いかもしれませんね。ちなみに前作Call of Duty 4: Modern Warfareでは充血した目のような表現となっていました。


(ソース: PlayStation LifeStyle, ビデオ: YouTube)


【関連記事】
『CoD: Modern Warfare 2』現時点ではパブリックなマルチプレイベータの計画は無し
その先には一体何が…『Modern Warfare 2』最新スクリーンショット
発売まで3ヶ月『Modern Warfare 2』北米での予約本数は82万本
DCからコミック化決定!『Modern Warfare 2: Ghost』が発表
Mad Catzが『Modern Warfare 2』用コントローラー及びアクセサリーの販売権を獲得
50 Centが『Modern Warfare 2』にカメオ出演?公式サイトから明らかに

- トップに戻る -

《RIKUSYO》

PC アクセスランキング

  1. ちょっとグロテスクな物理演算車両アクション『Guts and Glory』―ママチャリで死のトラップに立ち向かう!

    ちょっとグロテスクな物理演算車両アクション『Guts and Glory』―ママチャリで死のトラップに立ち向かう!

  2. チャリティバンドル『HELP: THE GAME』―全収益は戦争地域の子どもたちへ

    チャリティバンドル『HELP: THE GAME』―全収益は戦争地域の子どもたちへ

  3. 『CoD: IW』コミコンパネル映像―主要キャスト登壇に未見ゲームシーンも

    『CoD: IW』コミコンパネル映像―主要キャスト登壇に未見ゲームシーンも

  4. 子作りRPG『コンセプションII』8月Steam発売―日本語に対応

  5. 『GWENT』は全機種間クロスマルチプレイを目指す―CEO「必要なのはソニーのゴーサイン」

  6. 『Starbound』が遂に正式リリース!―5分半に及ぶ壮大なローンチトレイラーも

  7. 恐怖の鬼ごっこ対戦ホラー『Dead by Daylight』初週販売27万本突破

  8. ギーガーやベクシンスキーを思わせる新作ホラー『Scorn』最新ティーザー!―不気味すぎる世界観

  9. 【特集】『Steamでプレイすべきシューティングゲーム』10選

  10. 冷戦の名機が飛ぶフライトシム『DCS: F-5E Tiger II』が早期アクセス開始

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top