究極のシングルプレイを追求『ファイナルファンタジーXIII』海外サイトインタビュー | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

究極のシングルプレイを追求『ファイナルファンタジーXIII』海外サイトインタビュー

家庭用ゲーム Xbox360


海外サイトのVideogamerが、先日のGamescomで、ファイナルファンタジーXIIIの開発を手がけるスクウェア・エニックスの北瀬氏と鳥山氏へ行ったインタビューを掲載しています。ここでは要点のみご紹介。Final Fantasy 13は、欧米では、2010年にPS3とXbox 360で発売予定となっています。

* * * * * * *


■戦闘はこれまでのFFよりもアクション指向だが、FFらしさを保持するために何をしたか
コアであるATBシステムは未だコマンドベースだが、そこには従来よりもっと多くのアクションとスピードがある。「パラダイムシフト」システムもあるが、それは戦闘の戦略的側面を強化するものだ。見た目や感じ方は変わったが、コアな部分はシリーズのファンが愛してきた、伝統的な戦闘システムのままだ。


■これまでのFFの大半がシングルプラットフォームだったが、XIIIをマルチプラットフォームにすることは、ゲームデザインに影響したか
マルチプラットフォームは必ずしも影響せず、なにかを妥協する必要はなかった。我々が採用しているクリスタルツールズは、両方のプラットフォームに対応できる。Xbox 360とPS3版のために別々のグラフィックを作る必要がない。両者に極めて同じ体験を提供できるようつとめている。マルチプラットフォームを理由に断念したものや変更したものは一切無い。


■英語音声のためにリップシンクを再構成する必要があったか、クリスタルツールズがそれを行ったか
リップリンクについては、外部ツールを使っている。基本的な唇の動きはほぼカバーできるが、基本だけでは感情を伝えられないので、最終的には手動ですべてを調整した。


■パラダイムシフトシステムについて
ロール(役割)をシフトするシステムで、ポイントを消費することなく、何度でも使える。キャラクターたちを連携させるため、多くの思考判断と戦略が必要となる。異なるロールに割り振られたキャラクターは、能力まで拘束されることになり、ロールがレベルアップするにつれ、より多くのアビリティを習得していく。それぞれのキャラクターにはいくつかのロールのプリセットがあり、育成にはかなりの自由度がある。アビリティはそれらのロールと関連づけられており、多くの新しいアビリティと同様に、これまでのシリーズにあった伝統的なアビリティも数多くある。


■マルチプレイヤー要素は
ファイナルファンタジーXIIIは、深みのあるキャラクター、ストーリーを目指し、プレイヤーにゲーム世界への没入感を与えるため、究極のシングルプレイヤー体験を継続した。マルチプレイヤー要素は一切無い。


■開発が終わりに近づいている今、次に取り組んでいるゲーム、またファイナルファンタジーVIIリメイクについて
今現在、複数のプロジェクトに取り組んでいる。XIIIの後どんなプロジェクトに取り組むかはまだ分からないが、今はアギトXIIIに取り組んでおり、しばらくはそれに集中することになる(北瀬氏)。VIIのリメイクについていえることは、PSNでリリースされたもの(※アーカイブス)をプレイしてほしいとしかいえない。しばらく後には、なんらかのニュースがあるかもしれない。


■FFXIIIのターゲットは既存のFFファンか、それとも新たなファンか
より多くのユーザーにプレイしてほしい。それはXbox 360版の決定理由のひとつでもある。RPGに慣れていないユーザーが入りやすいアクションとスピードになっている。RPGに興味がなかった人にも試してほしいが、シリーズのファンの期待にも応えたい。それがコマンドベースのシステムを選んだ理由でもある。
(ソース: Videogamer)


【関連記事】



《Kako》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『LET IT DIE』待望の新装備登場! 期間限定イベントや日本版エネミー声優も

    『LET IT DIE』待望の新装備登場! 期間限定イベントや日本版エネミー声優も

  2. 戦隊ヒーローSRPG『Chroma Squad』海外PS4/XB1版の発売時期決定―PS Vita版はキャンセル

    戦隊ヒーローSRPG『Chroma Squad』海外PS4/XB1版の発売時期決定―PS Vita版はキャンセル

  3. PS4『バットマン: リターン・トゥ・アーカム』プレイレポ―美麗になったヴィランたちを再び倒してきた

    PS4『バットマン: リターン・トゥ・アーカム』プレイレポ―美麗になったヴィランたちを再び倒してきた

  4. 『ニーア オートマタ』お蔵入りだった“TVCM無規制版”が公開─まさに「命もないのに殺し合う」シーンを収録

  5. 墓場に潜む怪情報…『ウォッチドッグス2』新アップデートで浮上した謎のウワサ

  6. 巨躯との熱戦も!『Horizon Zero Dawn』海外ゲームプレイ集

  7. PC/PS4『ゴーストリコン ワイルドランズ』国内オープンベータ実施決定!2月24日より

  8. 『ショベルナイト』DLC「Specter of Torment」完成、今度の主役は「Specter Knight」!

  9. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  10. PS4最新作『ニーア オートマタ』各種特典が発表―店舗別特典は5種類

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top