今後北米で発売されるPSPタイトルはUMD版とダウンロード版が同価格に? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

今後北米で発売されるPSPタイトルはUMD版とダウンロード版が同価格に?

携帯ゲーム PSP

10月1日に発売となるPSP版グランツーリスモですが、北米地域では本作のUMD版とダウンロード版が同じ価格($39.99)となることが明らかとなりました。日本国内ではUMD版が5,480円、ダウンロード版が4,400円という価格設定になっており、ダウンロード版の方が若干お得となっています。

また9月22日に北米で発売予定となっているShin Megami Tensei: PersonaもUMD版とダウンロード版が同じ価格($39.99)に設定されていることから、今後北米で発売されるPSPタイトルは全て、UMD版とダウンロード版が同価格に設定されるのではないか?との予想もされています。

パッケージと説明書が付属するUMD版と付属しないダウンロード版が同価格と言うのはちょっと納得できないですね。ユーザーとしてはダウンロード版を多少安くしてほしいと思うはず。特にPersonaに関してはUMD版に2枚サウンドトラックCDが付属すると言う事で、より多くの不平不満が噴出するかもしれません。

果たしてこの価格設定は他のPSPタイトルにも適用されるのでしょうか。今後の動向には要注目です。
(ソース: Siliconera)


【関連記事】
ダウンロード系ゲームを手掛けるGameloftが、PSP Go向けラインナップを発表
新ダウンロードサービスPSP Minisのローンチタイトル第1弾『Vempire』が発表
カプコン、数ヶ月以内にPSN上でダウンロード専用PSPソフトを20〜40タイトル配信
E3 09: 収録車数は数百台!『Gran Turismo PSP』発表

- トップに戻る -

《RIKUSYO》

携帯ゲーム アクセスランキング

  1. 【特集】刺青の次はJKホラー!新作『CREEPING TERROR』に見た日活インディー魂

    【特集】刺青の次はJKホラー!新作『CREEPING TERROR』に見た日活インディー魂

  2. ニンテンドー3DSでは3Dビデオチャットも可能に?岩田氏がコメント

    ニンテンドー3DSでは3Dビデオチャットも可能に?岩田氏がコメント

  3. New3DS専用VCタイトルに『ライブ・ア・ライブ』など6作品配信開始

    New3DS専用VCタイトルに『ライブ・ア・ライブ』など6作品配信開始

  4. 日活の第2弾『クリーピング・テラー』が2017年1月18日配信決定―最新PVも公開!

  5. 新しい舞台も!『Myst』アドベンチャーゲームの金字塔がDSに登場

  6. 米国でニンテンドーDS Liteが99ドルに値下げ

  7. 『バイオハザード3D』のセーブ問題に波紋、カプコンから新たな声明も

  8. 『ドラゴンクエストビルダーズ』PS Vita同梱版が発売決定 ─ 本体はメタルスライムデザインの特別仕様

  9. 4人でサバイバル!『SOCOM U.S. Navy SEALS Fireteam Bravo 3』最新ムービー

  10. PS Vita版『Borderlands 2』のクロスセーブ機能がアップデート、PS3版とのセーブデータ転送が可能に

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top