“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

今後北米で発売されるPSPタイトルはUMD版とダウンロード版が同価格に?

September 04, 2009(Fri) 13:43 / by RIKUSYO

10月1日に発売となるPSP版グランツーリスモですが、北米地域では本作のUMD版とダウンロード版が同じ価格($39.99)となることが明らかとなりました。日本国内ではUMD版が5,480円、ダウンロード版が4,400円という価格設定になっており、ダウンロード版の方が若干お得となっています。

また9月22日に北米で発売予定となっているShin Megami Tensei: PersonaもUMD版とダウンロード版が同じ価格($39.99)に設定されていることから、今後北米で発売されるPSPタイトルは全て、UMD版とダウンロード版が同価格に設定されるのではないか?との予想もされています。

パッケージと説明書が付属するUMD版と付属しないダウンロード版が同価格と言うのはちょっと納得できないですね。ユーザーとしてはダウンロード版を多少安くしてほしいと思うはず。特にPersonaに関してはUMD版に2枚サウンドトラックCDが付属すると言う事で、より多くの不平不満が噴出するかもしれません。

果たしてこの価格設定は他のPSPタイトルにも適用されるのでしょうか。今後の動向には要注目です。
(ソース: Siliconera)


【関連記事】
ダウンロード系ゲームを手掛けるGameloftが、PSP Go向けラインナップを発表
新ダウンロードサービスPSP Minisのローンチタイトル第1弾『Vempire』が発表
カプコン、数ヶ月以内にPSN上でダウンロード専用PSPソフトを20〜40タイトル配信
E3 09: 収録車数は数百台!『Gran Turismo PSP』発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image