ハードコアゲーマーのためのWebメディア

今後北米で発売されるPSPタイトルはUMD版とダウンロード版が同価格に?

携帯ゲーム PSP

10月1日に発売となるPSP版グランツーリスモですが、北米地域では本作のUMD版とダウンロード版が同じ価格($39.99)となることが明らかとなりました。日本国内ではUMD版が5,480円、ダウンロード版が4,400円という価格設定になっており、ダウンロード版の方が若干お得となっています。

また9月22日に北米で発売予定となっているShin Megami Tensei: PersonaもUMD版とダウンロード版が同じ価格($39.99)に設定されていることから、今後北米で発売されるPSPタイトルは全て、UMD版とダウンロード版が同価格に設定されるのではないか?との予想もされています。

パッケージと説明書が付属するUMD版と付属しないダウンロード版が同価格と言うのはちょっと納得できないですね。ユーザーとしてはダウンロード版を多少安くしてほしいと思うはず。特にPersonaに関してはUMD版に2枚サウンドトラックCDが付属すると言う事で、より多くの不平不満が噴出するかもしれません。

果たしてこの価格設定は他のPSPタイトルにも適用されるのでしょうか。今後の動向には要注目です。
(ソース: Siliconera)


【関連記事】
ダウンロード系ゲームを手掛けるGameloftが、PSP Go向けラインナップを発表
新ダウンロードサービスPSP Minisのローンチタイトル第1弾『Vempire』が発表
カプコン、数ヶ月以内にPSN上でダウンロード専用PSPソフトを20〜40タイトル配信
E3 09: 収録車数は数百台!『Gran Turismo PSP』発表

- トップに戻る -

《RIKUSYO》

携帯ゲーム アクセスランキング

  1. 【PR】PlayStation Vita『Tearaway(テラウェイ)』プレイレポ ~これはお前たちの物語だ~

    【PR】PlayStation Vita『Tearaway(テラウェイ)』プレイレポ ~これはお前たちの物語だ~

  2. PS Vita新カラー「シルバー」「メタリック・レッド」が仲間入り!12月より発売開始

    PS Vita新カラー「シルバー」「メタリック・レッド」が仲間入り!12月より発売開始

  3. PS Vitaでも「あと1ターン」が止められない恐怖!『シヴィライゼーション レボリューション2+』プレイレポ

    PS Vitaでも「あと1ターン」が止められない恐怖!『シヴィライゼーション レボリューション2+』プレイレポ

  4. 桃鉄の最新作!3DS『桃太郎電鉄2017 たちあがれ日本!!』今冬発売

  5. PS Vita『KILLZONE: MERCENARY』にボットゾーンモードを追加する新DLCの国内配信が開始

  6. ぬるぬる&セクシーな探索型ACT『シャンティ -海賊の呪い-』プレイレポ―美しいドット絵とメタなジョークが魅力

  7. 3DS『セガ3D復刻アーカイブス3 FINAL STAGE』に『サンダーフォースIII』収録決定

  8. 【攻略】『エアシップQ』の基本的なプレイと序盤に便利なアイテムを初心者に解説!

  9. 海外レビューハイスコア 『God of War: Chains of Olympus』

  10. 『GOD EATER 2』、『BURST』から『2』へ神機パーツが引き継ぎ可能!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top