ハードコアゲーマーのためのWebメディア

遠隔地のコンソールゲーム機をPC上でプレイ可能にする『Spawn HD-720』が発表

PC Windows


テキサスに拠点を置く新興企業Spawn Labsは9月14日から15日にかけて開催されたTechCrunch50にて、ネットワークを介して遠隔地のコンソールゲーム機をPC上でプレイ可能にするSpawn HD-720を発表しました。


このSpawn HD-720は接続されたゲーム機の映像をネットワークを介して送信、プレイする側は専用プレイヤーをPCにインストールしてその映像を受信します。コントローラーの操作もPC側からネットワークを介してSpawn HD-720に送信され、そこから専用ケーブルでゲーム機本体にデータが送られます。

専用のデーターサーバーにアクセスするのではなく、直接自宅などのゲーム機にアクセスする点が、同種のサービスであるOnLiveGaikaiと違うところですね。




Spawn HD-720がサポートするゲーム機はXbox 360/PS3/Xbox/PS2/GCと様々ですが、プレイする側はWindows XP/Vista/7を搭載したPCがあればOK。また回線速度は標準画質の場合500kbps〜1Mbps、高画質の場合は2Mbps〜5Mbpsが必要となりますが、近年の高速常時接続環境であれば問題は無いでしょう。


価格はSpawn HD-720本体が$199.95で、各ゲーム機を接続する専用ケーブルがそれぞれ$29.95となっています。あまり安い買物ではありませんが、ゲーム機を持っていない離れた場所にいる友人や家族とゲームがプレイでることを考えると、お得とも言えるかもしれませんね。

ネットワーク技術の発達により次々と登場する新たなストリーミングゲームサービス。今後は一体どのような進化を遂げるのでしょうか。




(ソース: Big Download Blog, イメージ: Spawn Labs, ビデオ: YouTube, VG247)

Copyright (c) 2009 Spawn Labs, Inc. All rights reserved.

【関連記事】
ブラウザさえあればOK! クラウドコンピューティングサービス『Gaikai』のデモ映像が初公開
GDC 09: 『Crysis Warhead』を実演!『OnLive』プレスカンファレンス映像
GDC 09: これが未来のゲーム環境?クラウドゲーミングサービス『OnLive』発表
Crytek「クラウドゲーミングは2013年以降にならないと実現は難しい。」
GDC 09: 新型ゲーム機『Zeebo』のローンチ発表。コンソールマーケットに参戦

- トップに戻る -

《RIKUSYO》

PC アクセスランキング

  1. キャラクター小っさ!血みどろ2Dガンアクション『BUTCHER』が2016年秋Steam配信

    キャラクター小っさ!血みどろ2Dガンアクション『BUTCHER』が2016年秋Steam配信

  2. PC版『No Man's Sky』一部プレイヤーの探索情報がリセット、同期不具合の可能性

    PC版『No Man's Sky』一部プレイヤーの探索情報がリセット、同期不具合の可能性

  3. 太陽系外の惑星が舞台の街づくりシム『Aven Colony』発表!―挑戦的な環境でコロニー構築

    太陽系外の惑星が舞台の街づくりシム『Aven Colony』発表!―挑戦的な環境でコロニー構築

  4. PC版『No Man's Sky』ローンチから半月でプレイヤー数が9割減―SteamSpy統計より

  5. 『タイタンフォール2』マルチプレイテストはPS4/XB1のみ対象として実施

  6. 安定性向上を図る『No Man's Sky』PC版パッチノート、次回更新プランも

  7. 『Fallout 4』DLC「Nuka-World」国内トレイラー!みんな大好きヌカ・ワールドへようこそ

  8. 『オーバーウォッチ』PTRでハンゾーとソルジャー76が調整―次期アップデート

  9. 『オーバーウォッチ』次期バランス調整の詳細が公開―ゲンジ弱体化など変更多数

  10. 恐怖の鬼ごっこ対戦ホラー『Dead by Daylight』初週販売27万本突破

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top