ファイナルファンタジーのスピンオフ作品『Fortress(仮)』はまだ死んでいない? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ファイナルファンタジーのスピンオフ作品『Fortress(仮)』はまだ死んでいない?

PC Windows


スウェーデンのデベロッパーGRINが開発していたとされるコードネーム“Fortress”。GRINの閉鎖の後明らかになった、ファイナルファンタジーのスピンオフともいわれています。GRINの消滅ともにこの作品も消えてしまったと見られていましたが、実は事情が異なるのかもしれません。

スウェーデンのデベロッパーGRINは、ここ数年ではWanted: Weapons of Fate、Bionic Commando、Terminator Salvationなどの開発を担当、いずれも大成功とはいかず、スタジオは閉鎖。現在は、同代表などによって少数精鋭の新会社、Outbreak Studiosが設立されています。

「スタジオの閉鎖前、GRINが開発を進めていたファイナルファンタジー作品は、パブリッシャーのスクウェア・エニックスによって今も開発中である」との見方が、海外サイトより出てきています。情報元によれば、GRINが閉鎖した大きな理由のひとつに、このFortressがあったようです。

昨年の後半に契約を結んだ両社でしたが、作品のクオリティへの懸念から、スクウェア・エニックスは、わずか6ヶ月でGRINをFortressの開発プロジェクトから外しています。GRINはその後、資金不足から新しいプロジェクトを立ち上げることができず、賃金の支払いが不可能になり、結果として閉鎖に至ったとのこと。つまり、Fortressの開発においてGRINの閉鎖は影響しない、ということになります。

いずれにせよ、コードネーム“Fortress”がまだ生きているかはスクウェア・エニックス次第ということになりそうですが、今後、別のメーカー、あるいはスクウェア・エニックスの自社開発によって、ファイナルファンタジーのスピンオフ作品が見られるかもしれません。(ソース: GamesIndustry.biz : GRIN's Final Fantasy spin-off still in development, イメージ: clayman.se)


※この記事には機種カテゴリが設定されていますが、ゲームの対応プラットフォームは未発表です。

【関連記事】




《Kako》

PC アクセスランキング

  1. 狂気の深淵へ…『Call Of Cthulhu』ダークな最新海外トレイラー

    狂気の深淵へ…『Call Of Cthulhu』ダークな最新海外トレイラー

  2. SNSでプレイヤーの性格を武器にするACT『Last Standard』がSteam Greenlight登場

    SNSでプレイヤーの性格を武器にするACT『Last Standard』がSteam Greenlight登場

  3. ドラゴンを捕獲! ファンタジーサンドボックス『Dark and Light』最新映像

    ドラゴンを捕獲! ファンタジーサンドボックス『Dark and Light』最新映像

  4. 『エルダー・スクロールズ・オンライン』最新アプデ「ホームステッド」は2月6日に日米同時配信!

  5. 『Halo Wars 2』マスターアップ! マルチプレイヤーベータも1月20日より実施

  6. 天使が敵に憑依するレトロPCゲーム『Messiah』がSteam配信!―オリジナル版発売から約17年

  7. Obsidianが新たなプロジェクト「Project Louisiana」を発表

  8. 対戦ストラテジー『Atlas Reactor』が完全F2P化!―シーズン2が開幕

  9. PC版『ウィッチャー 3』人気ライティングMod最新映像―吸い込まれそうなほど青い空…

  10. 【特集】今こそ導入!『Fallout 4最新オススメMod』10選

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top