ファイナルファンタジーのスピンオフ作品『Fortress(仮)』はまだ死んでいない? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ファイナルファンタジーのスピンオフ作品『Fortress(仮)』はまだ死んでいない?

PC Windows


スウェーデンのデベロッパーGRINが開発していたとされるコードネーム“Fortress”。GRINの閉鎖の後明らかになった、ファイナルファンタジーのスピンオフともいわれています。GRINの消滅ともにこの作品も消えてしまったと見られていましたが、実は事情が異なるのかもしれません。

スウェーデンのデベロッパーGRINは、ここ数年ではWanted: Weapons of Fate、Bionic Commando、Terminator Salvationなどの開発を担当、いずれも大成功とはいかず、スタジオは閉鎖。現在は、同代表などによって少数精鋭の新会社、Outbreak Studiosが設立されています。

「スタジオの閉鎖前、GRINが開発を進めていたファイナルファンタジー作品は、パブリッシャーのスクウェア・エニックスによって今も開発中である」との見方が、海外サイトより出てきています。情報元によれば、GRINが閉鎖した大きな理由のひとつに、このFortressがあったようです。

昨年の後半に契約を結んだ両社でしたが、作品のクオリティへの懸念から、スクウェア・エニックスは、わずか6ヶ月でGRINをFortressの開発プロジェクトから外しています。GRINはその後、資金不足から新しいプロジェクトを立ち上げることができず、賃金の支払いが不可能になり、結果として閉鎖に至ったとのこと。つまり、Fortressの開発においてGRINの閉鎖は影響しない、ということになります。

いずれにせよ、コードネーム“Fortress”がまだ生きているかはスクウェア・エニックス次第ということになりそうですが、今後、別のメーカー、あるいはスクウェア・エニックスの自社開発によって、ファイナルファンタジーのスピンオフ作品が見られるかもしれません。(ソース: GamesIndustry.biz : GRIN's Final Fantasy spin-off still in development, イメージ: clayman.se)


※この記事には機種カテゴリが設定されていますが、ゲームの対応プラットフォームは未発表です。

【関連記事】




《Kako》

PC アクセスランキング

  1. 新作WW2FPS『Fog of War』がSteam早期アクセス!―広大な戦場で50vs50の戦いが展開

    新作WW2FPS『Fog of War』がSteam早期アクセス!―広大な戦場で50vs50の戦いが展開

  2. PC/XB1『Ooblets』は『ポケモン』『牧場物語』『どうぶつの森』を混ぜたような農業ゲーム

    PC/XB1『Ooblets』は『ポケモン』『牧場物語』『どうぶつの森』を混ぜたような農業ゲーム

  3. PC版『ゴーストリコン ワイルドランズ』日本語OBTプリロード開始!

    PC版『ゴーストリコン ワイルドランズ』日本語OBTプリロード開始!

  4. 『デッドライジング4』Steam版予約開始、Win10以外でもフランクさんが大活躍!

  5. オープンワールド『The Day After』海外発表―細菌により隔離された鉱山都市

  6. 日活『刺青の国』のSteam版およびPS Vita英語版が販売へ

  7. 『ドラゴンクエストヒーローズII』のSteam版が海外発表―4月配信予定

  8. 『ゴーストリコン ワイルドランズ』海外ゲームプレイ!4人Co-opからキャラカスタマイズまで

  9. 仏産ケモノRPG『Shiness』最新トレイラー!アニメ風表現がすごーい!

  10. PC版『Rainbow Six Siege』期間限定で低価格版を販売―違いはアンロック方法のみ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top