ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「映画はOKでゲームはダメなのはおかしい」 EA、『Left 4 Dead 2』の発禁処分に対し声明を発表

PC Windows


暴力表現を理由にオーストラリアのレーティングを通過せず、事実上の発禁となってしまったLeft 4 Dead 2。これに対し、開発のValveからはコメントが出ていましたが、今回、パブリッシャーのEAより遺憾とする声明が出ています。スポークスマンのTiffany Steckler氏は以下のように話しています。
“マッドマックスのような暴力要素満載の映画が歓迎されるオーストラリアのような場所で、同じ理由からビデオゲームが事実上の発禁になってしまうのはおかしなことです。消費するコンテンツに関して、成人には選択する権利があるはずなのです。”

オーストラリアのレーティング機関OFLCは、審査を見合わせた理由として「生きている人間である“Infected”への激しい暴力、バールや斧、チェーンソーといった近接武器によるおびただしい量の出血、身体切断」を挙げています。Left 4 Dead 2に修正が入るかどうかについて、EAは現在ノーコメント。オーストラリアでは今年これまでにRisen、Sexy Poker、Necrovisionの3タイトルが審査を通過しませんでしたが、Sexy PokerとNecrovisionは内容の修正の上で販売にこぎつけています。

日本でも暴力表現の規制に関し不満の声が出ることがありますが、それは主にユーザーからのものでした。今回の声明は、パブリッシャーにも「成人には選択肢が与えられるべき」で「映画はよくてなぜゲームはだめなのか」という、ユーザーと共通の問題意識があるという点で重要です。(ソース: GameSpot AU: EA responds to L4D 2 banning down under)


【関連記事】




《Kako》

PC アクセスランキング

  1. 『エルダー・スクロールズ・オンライン』日本語版無料体験実施、LogicoolやRazer製品が当たるキャンペーンも

    『エルダー・スクロールズ・オンライン』日本語版無料体験実施、LogicoolやRazer製品が当たるキャンペーンも

  2. 水中探索ADV『ABZU』序盤13分ゲームプレイ!心洗われる美しい世界

    水中探索ADV『ABZU』序盤13分ゲームプレイ!心洗われる美しい世界

  3. クラシカルなWW2FPS『Day of Infamy』が早期アクセス開始!―『Insurgency』開発元の新作

    クラシカルなWW2FPS『Day of Infamy』が早期アクセス開始!―『Insurgency』開発元の新作

  4. 『Deus Ex』はどう発音する?公式によるユニークな検証映像

  5. オンラインFPS最新作『サドンアタック2』の国内サービス決定―日本語公式サイトも

  6. 『Rainbow Six Siege』拡張「Skull Rain」新オペレーター海外映像!尋問シーンも登場

  7. 『マフィア III』、ヴードゥーの女王「カサンドラ」紹介国内トレイラー

  8. Oculus Riftにも近々対応!Win 10版『Minecraft』が配信1周年を迎える

  9. 『Rainbow Six Siege』PCとXbox Oneで週末無料実施が海外発表―名声2倍イベントも

  10. 『サドンアタック2』のブランドサイト更新!開発スタジオ現場レポ映像も

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top