ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「映画はOKでゲームはダメなのはおかしい」 EA、『Left 4 Dead 2』の発禁処分に対し声明を発表

PC Windows


暴力表現を理由にオーストラリアのレーティングを通過せず、事実上の発禁となってしまったLeft 4 Dead 2。これに対し、開発のValveからはコメントが出ていましたが、今回、パブリッシャーのEAより遺憾とする声明が出ています。スポークスマンのTiffany Steckler氏は以下のように話しています。
“マッドマックスのような暴力要素満載の映画が歓迎されるオーストラリアのような場所で、同じ理由からビデオゲームが事実上の発禁になってしまうのはおかしなことです。消費するコンテンツに関して、成人には選択する権利があるはずなのです。”

オーストラリアのレーティング機関OFLCは、審査を見合わせた理由として「生きている人間である“Infected”への激しい暴力、バールや斧、チェーンソーといった近接武器によるおびただしい量の出血、身体切断」を挙げています。Left 4 Dead 2に修正が入るかどうかについて、EAは現在ノーコメント。オーストラリアでは今年これまでにRisen、Sexy Poker、Necrovisionの3タイトルが審査を通過しませんでしたが、Sexy PokerとNecrovisionは内容の修正の上で販売にこぎつけています。

日本でも暴力表現の規制に関し不満の声が出ることがありますが、それは主にユーザーからのものでした。今回の声明は、パブリッシャーにも「成人には選択肢が与えられるべき」で「映画はよくてなぜゲームはだめなのか」という、ユーザーと共通の問題意識があるという点で重要です。(ソース: GameSpot AU: EA responds to L4D 2 banning down under)


【関連記事】




《Kako》

PC アクセスランキング

  1. 『タイタンフォール2』マルチプレイテストはPS4/XB1のみ対象として実施

    『タイタンフォール2』マルチプレイテストはPS4/XB1のみ対象として実施

  2. 頼もしいダンボール装備も!『Killing Floor 2』大規模アップデート配信

    頼もしいダンボール装備も!『Killing Floor 2』大規模アップデート配信

  3. PC版『No Man's Sky』ローンチから半月でプレイヤー数が9割減―SteamSpy統計より

    PC版『No Man's Sky』ローンチから半月でプレイヤー数が9割減―SteamSpy統計より

  4. ググるだけで遊べる!Googleが「ソリティア」「マルバツゲーム」を公開

  5. 開発8年!繊細ドット絵2Dアドベンチャー『Owlboy』がいよいよ配信される

  6. 『オーバーウォッチ』PTRでハンゾーとソルジャー76が調整―次期アップデート

  7. Steam版『超次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth1』が国内で解禁!日本語UI/字幕も追加

  8. ボトル&キャッピーが紹介!『Fallout 4: Nuka-World』海外向けテーマソング映像

  9. 幻想探索記『Obduction』ローンチ映像―金字塔『Myst』クリエイター最新作

  10. 『Fallout 4』DLC「Nuka-World」国内トレイラー!みんな大好きヌカ・ワールドへようこそ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top