“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

海外レビューハイスコア 『Muramasa: The Demon Blade』(朧村正)

September 26, 2009(Sat) 13:04 / by Rio Tani



Play Magazine: 10/10
Princess CrownとOdin Sphereをのぞいて、Muramasaに匹敵するものはない。アートスタイルやアニメーションはずるいくらいに洗練されており、直感的なゲームプレイは決して色あせることがない。RPGの要素はユニークで絶妙、音楽はただもう魅惑的。


1UP: 9.1/10
タイトル名が示す伝説の剣のように、Muramasaは無駄な要素をすべて切り落とし、あなたが望む閃光のごとく刀アクションを山ほど与えてくれる。


Worth Playing: 9.1/10
Muramasa: The Demon Bladeは、あなたのハードの好みに関係なく絶対にプレイするべきゲームエクスペリエンスだ。


IGN: 8.9/10
ゲームであると同時にアート作品でもある。本作にはプレイヤーをどこまでも続けさせる特質がある。ゲームプレイはアクションとしてもRPGとしても深みのあるものだとはいえないが、2つのボタン、刀、そして無数の戦闘といったゲームの先天的なアクション要素は、楽しくて軽快で中毒性がある。またビジュアルやゲームプレイなどにおいて、いつもどこかに新しい何かが用意されている。


GameSpot: 7.5/10
長所: ゴージャスな背景。強烈なボスバトル。コレクションできる大量の刀。
短所: 戦闘システムに深みがない。戦闘以外にすることがほとんどない。


GameSpy: 7/10
偉大な作品になれたゲームだけにMuramasaはもどかしさがある。(中略)もし反復的な戦闘や退屈な(マップの)引き返しを気にしないなら、数時間は忍者や妖怪を切り刻むのに夢中になれるだろう。Wiiでも最高のビジュアルを持つタイトルの一つに目を奪われるのは確かだ。


* * * * * * *




ヴァニラウェアのWii用2Dアクションゲーム朧村正(Muramasa: The Demon Blade)の海外レビュー評価です。国内よりも半年遅れてIgnition Entertainmentから発売された英語版は、日本語ボイスがそのまま残された英語字幕のみの仕様に。日本でも発売後は深刻な品薄になるほど人気でしたが、海外でも本作の前評判は非常に高く、その期待通りの評価になったと言えます。

各サイトのレビューでは、やはりその目を見張るアートスタイルやビジュアルが喝采を浴びているものの、ボスシーンを除く通常の戦闘や移動がやや単調になりがちなのが、多くサイトで残念な点として指摘されてしまいました。



しかし海外産ゲームを意識した作品が日本でも増えつつある傾向の中、そうした影響をほとんど受けず、古典的なゲームプレイと純和風の世界観を採用した朧村正が欧米でも高く評価されているのは、日本のゲーマーにとってリスペクトに値するのではないでしょうか。(ソース: Metacritic)


(C) Marvelous Entertainment 2009. Published by Ignition Entertainment Ltd.

【関連記事】
『朧村正』の触手系セクシーなアートワークが海外マガジンの表紙に
『朧村正』の移植や次回作は…?ヴァニラウェア神谷氏の海外インタビュー
TGS 08: 世界からも注目…『朧村正』 思わず見とれちゃう美麗な2Dゲームプレイ動画
海外レビューハイスコア 『BlazBlue: Calamity Trigger』(ブレイブルー)
海外レビューハイスコア 『Little King's Story』(王様物語)
海外レビューハイスコア 『Street Fighter IV』(ストリートファイターIV)
海外レビューハイスコア 『Shin Megami Tensei: Persona 4』(ペルソナ4)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image