“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

海外レビューハイスコア 『Dead Space Extraction』

October 01, 2009(Thu) 17:55 / by Rio Tani



GamePro: 10/10
Extractionはとんでもないアトラクションだ。パンツが濡れるほど怖くはないが、真に迫るキャラクターとシチュエーションがいっぱいの巧みなストーリーが展開。Dead Spaceの世界観を深く掘り下げているのは素晴らしく、スピード感溢れる純粋なアクションを提供してくれる。


GameSpy: 9.0/10
仮にあなたがストーリーに興味がなくても、Extractionがベストグラフィックで最も楽しいWiiのアクションゲームの1つであることに変わりなし。


GameSpot: 8/10
長所:Dead Spaceの世界を広げる素晴らしいストーリー。ファンタスティックなビジュアル。アンロック可能な完全ボイスのモーションコミック。
短所:照準のメーターがぼんやりしすぎ。カメラ視点が時折エイミングを難しくする。


GameTrailers: 7.9/10
Dead Space Extractionは試す価値があるのは確かだが、やや細身の内容であるため、あなたが本気のUnitologistでない限り50ドルという定価は押し売りだ。ほとんどの人にはレンタルで十分だろう。いずれにせよ壮大な体験の準備をしておきなさい。


Giant Bomb: 6/10
Extractionはたった5〜6時間で終わってしまうとても短いゲームだ。壮大で興奮のフィナーレを迎えた後、ゲームは何というか… ただ唐突にさみしく終わってしまう。


* * * * * * *




ローカライズ実現がファンを驚かせた日本版も今日同時発売となる、Dead Space: Extraction(デッドスペース エクストラクション)の海外レビュー評価をご紹介します。

PCやHD機で2008年に発売され、高い評価を受けているサバイバルホラーDead SpaceのWii用スピンオフで、ジャンルがTPSからレイル型ガンシューティングに変わった本作。ゲームプレイはありがちなアーケードスタイルではなく、謎解き、マップの分岐、奥深いバックストーリーなどアドベンチャーゲーム的な要素を持ち、ステイシスや無重力などの特殊能力、武器アップグレード、部位切断といったシステムにより、オリジナルDead Spaceの魅力がしっかりと引き継がれているそうです。



一部のレビュアーからは、ややボリュームが少ないことや、カメラ視点に問題があることなどが不満点として挙げられていますが、全体的にネガティブな意見は少なく、機種は違えどDead Spaceのファンなら見過ごすべきではないタイトルとの声も。初めて国内で発売されるシリーズ作品としても日本のゲーマーからの反響が楽しみです。(ソース: Metacritic)


(c) 2009 Electronic Arts Inc.

【関連記事】
発売は2011年に? 『Dead Space 2』は間もなくプリプロダクション終了
『Dead Space: Extraction』の開発が完了!開発者の解説を含む最新トレイラーも公開
『Dead Space』のハリウッド実写映画化が決定。シリーズ新作も開発中?
Co-op対応のガンシューティング『Dead Space: Extraction』最新情報&イメージ
Electronic Arts、『Dead Space』の前章を描く『Dead Space: Extraction』を正式発表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image