“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

海外アナリスト「37%のWii用ゲームはレビューされていない」

October 08, 2009(Thu) 13:53 / by Rio Tani



2009年1月から2009年6月までに発売されたWii用タイトルのうち37%はレビューされていない。海外のアナリストがこのような興味深いデータを発表しました。

EEDAR(Electronic Entertainment Design and Research)のアナリストJesse Divnich氏は、PS3、Xbox 360、Wiiで発売されたゲームのうち、メディアでレビューされなかったものの比率を2008年と2009年で比較。前年比からの上昇は僅かだったPS3やXboxに比べ、Wiiだけが12%という大幅な上昇を見せていることが分かりました。



Wiiのゲームは昨年に比べ平均のレビュー得点が60から66に上がっているそうですが、Divnich氏の分析によると、これは単純にゲームの品質が上がったのではなく、カジュアルユーザー向けや低価格のタイトルがレビューされなくなっているのが原因だということです。

またDivnich氏は、Wiiよりもコアユーザー向けタイトルが多いPS3やXbox 360も、本体の普及台数と共に今後ユーザー層が拡大すれば、いずれWiiと同じようにレビューされないゲームが増えていくのでは、と指摘しています。(ソース: IndustryGamers: The Divnich Debrief: 37% of Wii Games Not Reviewed, イメージ: Flickr)


【関連記事】
やはり本当だった!任天堂がWiiの値下げを公式に発表
新型発売前のPS3が急上昇!8月の北米ハード&ソフトセールスランキング
女性がゲームをしないのは何故?ミシガン州立大学のチームが研究結果を発表
独占タイトルが有利?アナリストが『Prototype』と『inFamous』の売上データを分析
海外アナリスト「HD対応の新型Wiiはソニーに大打撃を与える」
Suda 51: 日本のゲーム市場はミドルユーザーの存在が重要になる
Wii用ソフトの約半数は65点以下… PS3、Xbox 360、Wiiの平均レビュースコアを分析
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image