ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外レビューハイスコア 『Brutal Legend』

家庭用ゲーム Xbox360



Play Magazine: 10/10
これまでも、そしてこれからもBrutal Legendのような作品は生まれそうにない。ヘヴィメタルファン、ゲームファンへの最高の贈り物であり、私にとっては最新の、そしてこれまでで最高の3Dゲームだ。

IGN: 9/10
Brutal Legendは、ユーモア、ミュージック、そしてクレバーなゲームプレイを洗練されたパッケージにラップアップするという離れ業をやってのけた。きっとあなたはこんなゲームをプレイしたことはないはずで、みすみす見逃す手はない。ゲーム業界における最高のファニーガイの一人であるTim Schafer、映画業界における最高のファニーガイの一人であるJack Black――彼らのコラボによって、あなたは笑い転げつづけるハメになる(ゲームが進むにつれ先細りの感は否めないが)。Brutal Legendはまだ完璧とはいえず、そこには改善の余地がある(ちょっと短い、サイドクエストが作業的…など)。しかしエンドロールを迎えたとき、あなたは二作目のリリースを待望する自分に気がつくだろう。Double Fineは豊穣なヘヴィメタル・ユニヴァースを創造した。その背景にはすばらしいキャラクターやクリーチャーたちがひしめいており、この世界の続編が生まれる可能性は十分だ。Tim Schaferとメーカーが私たちをそこに連れていってくれる機会を得んことを。

GameSpot: 8.5/10
ヘヴィメタルへのトリビュートというは驚きだが、ちょっとしたコード進行のミスにもかかわらず、ゲーム体験としては非常に面白いものになっている。 GOOD- *ファンタスティックなキャラクターとユーモア満載のストーリー *すばらしいヴィジュアルスタイルの背景やキャラクター *ワンダフルなヘヴィメタルサウンドトラック *マルチプレイヤーでは楽しく挑戦的なStage Battle BAD- *すぐ退屈になるサイドミッション *短いシングルキャンペーン

GameDaily: 8/10
ここにはゲームシステムで革命的なところは何もありません。しかし魅力的なキャラクター、Rockin'なサウンドトラック、思わず口をあんぐりさせてしまうようなカットシーンなど、価値ある体験があります。私たちは、Eddie Riggs(彼の役はもちろんJack Black)が将来の続編で再び現れることを期待せずにはいられません。

Game Informer: 8/10
ぶかっこうなStage Battleは戦闘システムとマルチプレイヤーにいちゃもんをつける。けどこれはBrutal Legendの魅力の前では取るに足らないこと。もしあなたがTim Schaferのユーモアのよき理解者であり、朝起きてメタリカのTシャツかスレイヤーのTシャツのどっちを着ようかと考えるような人種なら、これはマストプレイだ。

* * * * *


ヘヴィメタル音楽の世界観をそのままゲームに仕立てた3Dアクションゲーム、Brutal Legend。本作のクリエイティブディレクターであり、大のヘビメタファンでもあるTim Schafer氏の渾身の作品です。当初のパブリッシャーだったVivendi GamesがActivisionと合併したことにより、発売計画の見直しという窮地に立たされていましたが、無事にElectronic Artsより発売となりました。この辺は同様の流れでBethesdaより発売されたWETと境遇を同じくしています。

それにしても、Guitar Heroの人気を受けて始まったといわれるBrutal Legendが、Rock BandのEAに拾われるというのも数奇な運命というか……。ちなみにRock Bandでは“Brutal Legend Pack”というDLCが配信されました。今後はEddie RiggsなどのキャラクターがRock Bandに登場、というのも大いにありそうです。

開発をてがけたTim Schafer氏の趣味(?)を色濃く反映する本作は、最近では珍しい作家性のあるゲーム。レビューでは氏のユーモアセンスを称賛する声が多く、主人公Eddie Riggsのボイスキャストをつとめた俳優のJack Blackと並んで、Brutal Legendの魅力となっているようです。レビュー全体を見てみても「ゲームとして目新しさはないけど、キャラクター、ストーリー、音楽は最高」という感じで、レビュアーたちの語り口は、ゲームのレビューというより、まるでライブコンサートの帰りのような、ちょっとしたファンの集まりのようでもあります。というのは言い過ぎかもしれませんが、早くも続編を期待する声があがっていますね。アンコール!



ゲーム内容については映像を見れば大体わかると思いますが、作品の雰囲気は実際にプレイしてみないとなかなか分かりません。レビューを参考に、メタリカやスレイヤーのTシャツを持っている人はもちろん、持ってない人も、このユーモアを味わってみる価値はありそうです。(ソース: metacritic)


(c) 2009 Electronic Arts Inc. Trademarks belong to their respective owners. All rights reserved.

【関連記事】




《Kako》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 【攻略】『オーバーウォッチ』新ヒーロー「アナ」ガイド―特徴、相性、立ち回りを解説!

    【攻略】『オーバーウォッチ』新ヒーロー「アナ」ガイド―特徴、相性、立ち回りを解説!

  2. 【攻略特集】『オーバーウォッチ』全21ヒーロー解説まとめ!

    【攻略特集】『オーバーウォッチ』全21ヒーロー解説まとめ!

  3. 『オーバーウォッチ』ライバル・プレイの「Top 500」システムが稼働!

    『オーバーウォッチ』ライバル・プレイの「Top 500」システムが稼働!

  4. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  5. 『Metal Gear Solid 5 Definitive Edition』なるPS4タイトルがゲーム販売サイトに出現

  6. 『Rainbow Six Siege』新マップ「Favela」お披露目トレイラー!―スラムの街並広がる

  7. PS4『ライズ オブ ザ トゥームレイダー』日本語版の発売決定!全追加DLC収録でVR対応コンテンツも

  8. Xbox One S本体の開封映像到着―4K出力はアップデートで対応?

  9. 【E3 2016】PS4『Days Gone』プレビュー―絶望的オープンワールドサバイバル

  10. 『エースコンバット 7』の発売日、対応機種、開発体制は?―現時点でわかっていることまとめ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top