ハードコアゲーマーのためのWebメディア

イラク戦争を描く『Six Days in Fallujah』は発売を模索中、一方でベイルートを舞台にした新作も

PC Windows


イラク戦争を舞台にしたシューターとして発表されたSix Days in Fallujah。その後多くの批判を受けコナミが販売権を放棄、現在はもっぱら開発中止が噂されていました。問題となった本作の開発をつとめるAtomic Gamesですが、現在はWiiで新作に取り組んでいることが明らかになりました。

現在開発が進められているのは、Wii用のFPS、Marines: Modern Urban Combat。舞台は現代の中東、シリア―イランの財閥の影響下にあるベイルートの内戦をくい止めるために派遣された、4人のアメリカ海兵隊が描かれるようです。本作は、Atomic Gamesが開発してきたClose Combatシリーズを基礎としています。

Six Days in Fallujahは、米軍とイラク反米武装勢力の間で勃発したファルージャの戦闘を描くドキュメンタリータッチの作品ですが、Marines: Modern Urban Combatは、100%フィクション。Atomic GamesのPeter Tamte氏は、本作を「ファミリーフレンドリー」なデザインであると説明しています。

一方、件のSix Days in Fallujahについても言及があり、こちらは「より本能的で感情的で真正」な作品であると説明。現代の海兵隊員たちの苦難を伝える媒体として、発売への意志を表明しており、開発を続けるためにも、新しいパートナーを探しつづけると話しています。(ソース: Marine Corps Times via Destructoid )


【関連記事】




《Kako》

PC アクセスランキング

  1. 殺人鬼vs若者の非対称ホラー『Dead by Daylight』発売日決定!―最新映像も

    殺人鬼vs若者の非対称ホラー『Dead by Daylight』発売日決定!―最新映像も

  2. 恐怖の鬼ごっこ対戦ホラー『Dead by Daylight』初週販売27万本突破

    恐怖の鬼ごっこ対戦ホラー『Dead by Daylight』初週販売27万本突破

  3. CygamesのTCG『Shadowverse』PC版がSteam Greenlightに登録、クロスプレイ対応か

    CygamesのTCG『Shadowverse』PC版がSteam Greenlightに登録、クロスプレイ対応か

  4. 非対称PvPホラー『Dead by Daylight』プレイレポ―開発者からメッセージも

  5. 強烈ニンジャFPS『Shadow Warrior 2』怒涛ロングゲームプレイ!

  6. 船を建造して冒険! 海洋ADV『The Last Leviathan』が早期アクセス開始

  7. リマスター版『スカイリム』無料アップグレードにCS版が無い理由は?

  8. ジェイソンの惨殺シーン解禁!『Friday the 13th: The Game』最新映像

  9. 【特集】『Steamでプレイすべきシューティングゲーム』10選

  10. 『Overwatch』ランクマッチの離脱ペナルティーには「シーズン中BAN」も―PTR参加者報告

アクセスランキングをもっと見る

page top