ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Modern Warfare 2』のInfinity Ward、現世代ハードに可能性はまだ残っている事をコメント

PC Windows


Call of Duty 4:Modern Warfareで高レベルのクオリティを実現し、多くのユーザーから賞賛を呼んだその続編、Call of Duty: Modern Warfare 2。その開発元であるInfinity WardのRobert Bowling氏は、まだ現世代のハードで十分戦えるという事を海外サイトのインタビューで答えています。

“私はこれからも今のコンソールを選ぶ事が出来ると思います。目に見えない壁にぶち当たってしまう事が全てですが、それを突破する方法を見つけています。私達はCall of Duty 4の開発を終えた時、見えない壁にぶち当たったと思いましたが、ご覧のようにModern Warfare 2でその解決方法を見つけました。私達が取り入れたテクスチャーストリーミング技術は多くの引き出しを開ける事になり、それがどうなるかわかりませんが、結局の所、現世代ではより多くの事が可能です。”

Bowling氏はこのようにコメントし、続けて一つの課題点を提示しています。

“大きな闘いとなるのは容量です。私達の技術者はその新しい方法を探しています。もしそれを突破する事が出来れば、まだ行けるでしょう。”

以下の画像がModern Warfare 2で導入されたテクスチャーストリーミングの比較画像で、左側が適用前、右側が適用後となり、より精細に描写されている事が判るのではないでしょうか。

(ソース: Nowgamer, イメージ: flickr)

【関連記事】
PC版『Modern Warfare 2』はSteamWorksに対応。海外では予約受付が開始

『Modern Warfare 2』“Rust”マップを使用したGameStop限定ムービーが公開

PC版『Modern Warfare 2』の延期は無し。専用サーバーのサポートも…無し!?
《Round.D》

PC アクセスランキング

  1. PC版『No Man's Sky』一部プレイヤーの探索情報がリセット、同期不具合の可能性

    PC版『No Man's Sky』一部プレイヤーの探索情報がリセット、同期不具合の可能性

  2. 太陽系外の惑星が舞台の街づくりシム『Aven Colony』発表!―挑戦的な環境でコロニー構築

    太陽系外の惑星が舞台の街づくりシム『Aven Colony』発表!―挑戦的な環境でコロニー構築

  3. PC版『No Man's Sky』ローンチから半月でプレイヤー数が9割減―SteamSpy統計より

    PC版『No Man's Sky』ローンチから半月でプレイヤー数が9割減―SteamSpy統計より

  4. 非対称マルチホラー『Dead by Daylight』100万本セールス!コストは1週間で回収

  5. 『BioShock: The Collection』3作品ゲームプレイ映像―全ては灯台から

  6. 開発8年!繊細ドット絵2Dアドベンチャー『Owlboy』がいよいよ配信される

  7. PC版『No Man's Sky』グラフィック比較映像―Low、Medium、Ultraの違いは?

  8. 『Fallout 4』DLC「Nuka-World」国内トレイラー!みんな大好きヌカ・ワールドへようこそ

  9. 『Fallout 4』新DLC「Nuka-World」の新要素をライブ配信予定!

  10. ググるだけで遊べる!Googleが「ソリティア」「マルバツゲーム」を公開

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top