ハードコアゲーマーのためのWebメディア

MSの非公認メモリーユニット締め出しに対し、Datel社がアップデート版で対抗?

家庭用ゲーム Xbox360

先日、マイクロソフトは、次回のダッシュボードの更新において、非公認のメモリーデバイスが使えなくなることを明らかにしました。更新後にマイクロソフト非公認のメモリーユニットを使った場合、そのデバイスに入っているプロフィールデータへのアクセスが不可能になるといわれています。主にチート対策としての変更でありながらも、一部のユーザーやメーカーからは反発の声があがっていました。

その中に海外で2GBのメモリーユニットを販売しているメーカー、Datelの声もありました。マイクロソフトの公式製品が512MBで29.99ドルなのに対し、Datel製のMax Memoryは2GBで39.99ドルと安価。Datelはマイクロソフトの対応について「ユーザーの選択の自由を阻むのは残念」との声明を発表していました。

今回、UKのある卸売業者から小売業者へ送られたメールによれば、Datelは対抗策として、同社のデバイスをアップデートし、今後も使用可能な形で販売し続けていく方針のようです。

メールによれば「マイクロソフトが行うダッシュボートの更新でメモリーユニットが機能しなくなる可能性があり、この問題を解決したアップデート版をリリースする準備を整えている。また、いま同社の製品を持っているユーザーは、Datelへ返品することにより、ダッシュボード更新に対応したアップデート版と交換することもできる」とのこと。「今回の問題は、完全にマイクロソフトの行動によるものであり、私たちの手に余るものです。必然的に引き起こされるこの不都合に対し謝罪するとともに、この状況はDatel社により引き起こされたものでないと、あなたが理解してくれることを望みます」との言葉もあります。

もしこれが確かであれば、マイクロソフトが目指す今回のチート対策が不十分なものになる可能性も出てきました。いつBANされるか分からない状況で使い続けるユーザーが果たしてどのくらいいるのかは分かりませんが、メーカーとマイクロソフトによるいたちごっこの様相も見せてきており、今後の双方の対応が気になるところです。(ソース: Maxconsole: Datel to fight back against MS unofficial memory card block!!!)


【関連記事】




《Kako》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『ファイナルファンタジー XV』日本語版ゲームプレイ33分―序盤物語が語られる

    『ファイナルファンタジー XV』日本語版ゲームプレイ33分―序盤物語が語られる

  2. 各ストアが『No Man's Sky』で異例の返金リクエスト対応か―海外ユーザー報告

    各ストアが『No Man's Sky』で異例の返金リクエスト対応か―海外ユーザー報告

  3. 「Xbox One 1TB」が9月1日より数量限定発売―2016年末まで1万円引きに

    「Xbox One 1TB」が9月1日より数量限定発売―2016年末まで1万円引きに

  4. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  5. 全ての元凶となるイタリアンマフィアと育ての父などを紹介の『マフィア III』最新映像2種

  6. 【攻略特集】『オーバーウォッチ』全21ヒーロー解説まとめ!

  7. 極まるモンハン!『モンスターハンター フロンティアZ』発表―PS4版も11月22日に幕開け

  8. 【E3 2016】PS4『Days Gone』プレビュー―絶望的オープンワールドサバイバル

  9. 最新映像も!『No Man's Sky』について知っておくべき41のこと

  10. 『オーバーウォッチ』ライバル・プレイのシーズン2詳細が報告―シーズン1から多数の変更

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top