“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

Heavy Rain開発者、『Modern Warfare 2』の空港襲撃シーンに対する一連の騒動に苦言

November 14, 2009(Sat) 23:19 / by Round.D

テロリストとなって空港を襲撃する映像が発売前にネットに流れ、多くの海外ゲームメディアの他、FOX ニュースにまで取り上げられる事となったCall of Duty: Modern Warfare 2。このシーンの収録が判明した事により、オーストラリアで発売禁止になる可能性も囁かれたりと各方面で大きな波紋を呼ぶ事態となりました。この一連の騒動を見て、PS3で発売が予定されているアドベンチャーゲームHeavy Rainのエグゼクティブプロデューサー、Guillaume de Fondaumiere氏は苦言を示しています。

“この事についての私の見解は非常に簡単です。例としてテレビゲームが映画とは別に扱われる理由が全く理解できないのです。私はゲーム開発者が適当だと考えたように、彼らが表現するビジョンを自由なままにするべきであると思います。あの場面を取り入れた時Infinity Wardの開発者の心には非常に明確なものがあったと思います。私達にとって本当に危険であるのは文脈を無視してそのようなシーンを取り上げることです。どのような映画でも一つのシーケンスを抜き出して話をでっち上げると、道徳心が欠けていたり、度が過ぎているように見られます。これは殆どのテレビゲーム(メディア)に置いて当てはまる事です。”

対するHeavy Rainはプレイヤーの取った行動によりストーリーが変化する自由度の高いシステムが採用され、セクシャルな表現も含まれた大人向けのタイトルとなっており、そのような作品を作る開発者にとっては危惧せざるを得ない心境なのかもしれません。(ソース: MTV Multiplayer)

【関連記事】
『Modern Warfare 2』のテロリスト襲撃シーンに波紋、オーストラリアで発売禁止の恐れも
ドイツ版『Call of Duty: Modern Warfare 2』ではあの民間人襲撃シーンに一部変更が
PS3『Heavy Rain』はシェンムーではない、“次世代QTE”を採用
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image