元Blizzardのベテランが新スタジオを設立、「ゲーム機用のMMOゾンビゲーム」発表 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

元Blizzardのベテランが新スタジオを設立、「ゲーム機用のMMOゾンビゲーム」発表

ニュース 最新ニュース

開発スタジオのUndead Labsが、コンソール向けのMMOゾンビゲームの開発を発表しています。Undead Labsは、BlizzardでDiabloやStarCraftなどに関わったJeff Strain氏が設立した新スタジオ。設立の動機として「大規模多人数参加型のゲーム機用オンライン・ゾンビ・ゲーム(MMOZ)」の制作が掲げられています。

Blizzard、NCsoftを経て新たにUndead Labsを設立したJeff Strain氏は、Developのインタビューに応え、ゾンビにフォーカスした理由として「特にゲームカルチャーにおいて、罪の意識を感じさせないミート・パペットが必要とされており、ゾンビがその条件を満たしている」と話しています。

また、ゲーム機でのMMOを「エキサイティングなニューフロンティア」であると話す氏は、ここ数年、多くのスタジオがコンソールでのMMO展開を検討していながらも、PCでのユーザーベースを失うことへの恐れがあり、それを回避するためにPCとコンソールのマルチにすれば、両方で同じサービスを行うことが極めて困難という状況を説明。既に多くのプレイヤーを持つMMOではPCからコンソールへのシフトは困難、それなら始めからコンソール専用でつくろうということで、コンソール向けの新作MMOをつくるという挑戦に至ったようです。

公式サイトでは、一部の内容を日本語で知ることができ、ここでは、ゾンビにこだわる理由として「ゾンビ・ゲームが恐怖とユーモアの完璧な融合であり、崩壊後の社会を舞台にしたサバイバルゲームファンの空想を実現することは、胸躍る仕事だから」、ゲーム機にこだわる理由として「私たちがゲーム機を愛しているから、そして、世の中はゲーム機用の優れたMMOを求めているから」と説明されています。

また、「Undead Labのゲームは、すべて全面的に翻訳されて、アメリカ・アジア・ヨーロッパのゲーマーもサポート対象になります」との説明もあり、(日本を含む)グローバルな展開が期待されます。

MMOのベテランとゾンビ好きの開発者たちによる、ゲーム機用のMMOゾンビゲーム。具体的な内容が明らかになり次第、またお伝えしたいと思います。(ソース: Undead Labs.com, Develop)


【関連記事】




《Kako》

ニュース アクセスランキング

  1. 『Fallout Shelter』のSteamページが登場!―3月29日配信開始か

    『Fallout Shelter』のSteamページが登場!―3月29日配信開始か

  2. 「ビデオゲームの殿堂」2017年の候補作品が発表!―『FF7』『バイオ』『ストII』『ポケモン』など選出

    「ビデオゲームの殿堂」2017年の候補作品が発表!―『FF7』『バイオ』『ストII』『ポケモン』など選出

  3. 『マフィア III』体験版国内配信!DLC「もっと速く!」もリリース

    『マフィア III』体験版国内配信!DLC「もっと速く!」もリリース

  4. 『Mass Effect Andromeda』英国初登場1位!2017年3番目の初週成績

  5. 噂: 『Destiny 2』はPC版も?海外ユーザーの予約レシート出現

  6. 【漫画じゃんげま】83.「それでいいのか」の巻

  7. 「オーバーウォッチリーグ」年間収益の1億ドル超見通し

  8. 豪州の『Outlast 2』審査問題、提出用素材に手違い

  9. 『DARK SOULS III』次期アップデート早くも発表―DLCのシステム追加対応など

  10. 『モンハン ダブルクロス』小嶋P&市原Dによるセミナー開催!開発過程やモンスターの誕生秘話を語る

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top