“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

キャラクターデザインについて語る『Dead to Rights: Retribution』デベロッパーダイアリー映像

November 28, 2009(Sat) 14:39 / by RIKUSYO



Xbox 360とPlayStation 3で2010年に発売予定となっているDead to Rights: Retributionのデベロッパーダイアリー映像が公開されています。本作のバイオレンス表現が強烈である故にキャラクターデザインの変更が必要になった、というような開発秘話が語られています。

当初主人公は現実的なスタイルをしていたそうですが、そのスタイルでのバイオレンスアクションは人々に不快感を与えるということが分かったため、いかにもゲームキャラクターらしいスタイルへと変更になったのだとか。

キャラクターデザインの変更が必要になるほどとは……一体どれ程のバイオレンスアクションが体感できるのでしょうか。楽しみですね。その他後半では相棒の警察犬であるシャドウと連携して敵を倒すシーンも収められているので、是非ご覧になってください。
(ソース: Destructoid, ビデオ: YouTube)


【関連記事】
ゲームの舞台となるGrant Cityが映し出される『Dead to Rights: Retribution』最新映像
デッドトゥライツの続編『Dead to Rights: Retribution』スクリーンショットが公開
IO Interactiveの未発表新作は常識を覆すバイオレンスゲームに
BioWare新作RPG『Dragon Age: Origins』欲望と流血のバイオレンストレイラー
新ジャンル、グロカワイイ?『Happy Tree Friends: False Alarm』ゲームプレイトレイラー
作家のスティーブン・キングがバイオレンスゲームの販売に関する法律に苦言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image