EAが『Medal of Honor』最新作を発表、舞台は現代のアフガニスタンに | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

EAが『Medal of Honor』最新作を発表、舞台は現代のアフガニスタンに

PC Windows

EAが本日、Medal of Honorシリーズの最新作を発表しました。これまで第二次世界大戦を舞台としてきたMoHですが、今回初めて、現代のアフガニスタンが舞台となります。本作は現実に存在する“Tier 1 Operator”をベースにしており、プレイヤーは特別な兵士だけが担うミッションに挑むことになります。Tier 1 Operatorは、National Command Authority(NCA)直属のエリート部隊。その存在は未知な部分が多く、その数わずか数百人とも言われているようです。

シングルプレイヤーキャンペーンはEA Los Angelesから厳選された特別チームが担当、マルチプレイヤーモードは、Battlefield: Bad Company 2でもおなじみのEA DICEが務めます。本作のプロデューサー、Greg Goodrich氏は現代戦に至った理由を以下のように話しています。
“我々がMoHの復活に着手し始めたときから、シリーズのルーツである真実味と兵士へのリスペクトを失うこと無く、現代戦へと移行することを目指してきました。Tier 1 Operatorは戦場において、最も規律があり、慎重で、用意周到な兵士です。彼は戦争における、生きた精密機械なのです。我々はその経験を共有するゲームをつくるため、彼らと協力できる貴重な機会をもらえて光栄に思っています。

EAは常に兵士の物語を伝える代弁者であり続けてきました。新しいMoHもその伝統に従っています。我々は、ビデオゲームというメディアを通じ、現代戦の物語、今日のエリート兵士の物語を伝える重要性を感じたのです。”



今回の特徴は“There is a new enemy. There is a new war. There is a new warrior. He is Tier 1.”。詳細は12月12日のSpike Video Game Awardsで初披露される予定。発売は2010年秋と発表されています。

Medal of Honorの新作については、昨年夏より噂が飛び交い、第二次大戦じゃなくなる、舞台は現代のアフガニスタンになるなどと言われてきましたが、ほぼその通りになりました。現代のエリート兵士の活躍を体験するMoH最新作、続報に期待しましょう。(ソース: Medal of Honor公式サイト via IncGamers)


※この記事には機種カテゴリが設定されていますが、ゲームの対応プラットフォームは未発表です。

【関連記事】




《Kako》

PC アクセスランキング

  1. PC版初代『バイオハザード』を一人称視点Modで体感、懐かしの洋館をFPS風に

    PC版初代『バイオハザード』を一人称視点Modで体感、懐かしの洋館をFPS風に

  2. 台湾産パンツ対戦ACT『Panty Party』配信開始!―「間違いない!君だよ!パンツを愛する人、愛の戦士!」

    台湾産パンツ対戦ACT『Panty Party』配信開始!―「間違いない!君だよ!パンツを愛する人、愛の戦士!」

  3. お喋り電子ペットホラー『Tattletail』がSteam配信!―1998年クリスマスの恐怖…

    お喋り電子ペットホラー『Tattletail』がSteam配信!―1998年クリスマスの恐怖…

  4. オープンワールド狩猟ゲーム『theHunter: Call of the Wild』発売日決定!

  5. 『オーバーウォッチ』PTRでD.Va、アナ弱体化―エモートホイール拡張も

  6. 高速“ぱんつ”アクション『PAN PAN』がSteam Greenlight登録―意味不明だけど可愛い

  7. SteamでPC向け体験版『バイオハザード7 ティザー~ビギニングアワー~』無料配信スタート【UPDATE】

  8. 【特集】『たけしの挑戦状2015』の“作りこみが半端ない”ので、エンディングまで攻略してみた

  9. 『XCOM』+『DotA』な対戦ストラテジー『Atlas Reactor』正式リリース!

  10. 『レインボーシックス シージ』遂にタチャンカ大幅強化!大型調整パッチノート

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top