EAが『Medal of Honor』最新作を発表、舞台は現代のアフガニスタンに | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

EAが『Medal of Honor』最新作を発表、舞台は現代のアフガニスタンに

PC Windows

EAが本日、Medal of Honorシリーズの最新作を発表しました。これまで第二次世界大戦を舞台としてきたMoHですが、今回初めて、現代のアフガニスタンが舞台となります。本作は現実に存在する“Tier 1 Operator”をベースにしており、プレイヤーは特別な兵士だけが担うミッションに挑むことになります。Tier 1 Operatorは、National Command Authority(NCA)直属のエリート部隊。その存在は未知な部分が多く、その数わずか数百人とも言われているようです。

シングルプレイヤーキャンペーンはEA Los Angelesから厳選された特別チームが担当、マルチプレイヤーモードは、Battlefield: Bad Company 2でもおなじみのEA DICEが務めます。本作のプロデューサー、Greg Goodrich氏は現代戦に至った理由を以下のように話しています。
“我々がMoHの復活に着手し始めたときから、シリーズのルーツである真実味と兵士へのリスペクトを失うこと無く、現代戦へと移行することを目指してきました。Tier 1 Operatorは戦場において、最も規律があり、慎重で、用意周到な兵士です。彼は戦争における、生きた精密機械なのです。我々はその経験を共有するゲームをつくるため、彼らと協力できる貴重な機会をもらえて光栄に思っています。

EAは常に兵士の物語を伝える代弁者であり続けてきました。新しいMoHもその伝統に従っています。我々は、ビデオゲームというメディアを通じ、現代戦の物語、今日のエリート兵士の物語を伝える重要性を感じたのです。”



今回の特徴は“There is a new enemy. There is a new war. There is a new warrior. He is Tier 1.”。詳細は12月12日のSpike Video Game Awardsで初披露される予定。発売は2010年秋と発表されています。

Medal of Honorの新作については、昨年夏より噂が飛び交い、第二次大戦じゃなくなる、舞台は現代のアフガニスタンになるなどと言われてきましたが、ほぼその通りになりました。現代のエリート兵士の活躍を体験するMoH最新作、続報に期待しましょう。(ソース: Medal of Honor公式サイト via IncGamers)


※この記事には機種カテゴリが設定されていますが、ゲームの対応プラットフォームは未発表です。

【関連記事】




《Kako》

PC アクセスランキング

  1. 『デッドライジング4』Steam版予約開始、Win10以外でもフランクさんが大活躍!

    『デッドライジング4』Steam版予約開始、Win10以外でもフランクさんが大活躍!

  2. 日活『刺青の国』のSteam版およびPS Vita英語版が販売へ

    日活『刺青の国』のSteam版およびPS Vita英語版が販売へ

  3. 『ドラゴンクエストヒーローズII』のSteam版が海外発表―4月配信予定

    『ドラゴンクエストヒーローズII』のSteam版が海外発表―4月配信予定

  4. オープンワールド『The Day After』海外発表―細菌により隔離された鉱山都市

  5. PC版『ゴーストリコン ワイルドランズ』日本語OBTプリロード開始!

  6. ダンジョン運営ゲーム最新作『Dungeons 3』発表!―ランダム生成やCo-opモードも新搭載

  7. 「シブサワ・コウ アーカイブス」第三弾発売開始!『三國志 III』『水滸伝・天命の誓い』など

  8. SteamがPS4コントローラー正式サポート開始!ジャイロやタッチパッドにも対応

  9. 三人称サバイバル『Lost Region』最新ショット!全ての建物を探索可能

  10. PC版『Rainbow Six Siege』期間限定で低価格版を販売―違いはアンロック方法のみ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top