所持しているだけで犯罪に、ブラジルの議員が暴力ゲームを淘汰する法案を提出 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

所持しているだけで犯罪に、ブラジルの議員が暴力ゲームを淘汰する法案を提出

ニュース 最新ニュース

ブラジルの上院議員Valdir Raupp氏はブラジルで攻撃的なゲームの作成や輸入、流通する事を犯罪とする法律案を提出したそうです。

この提出した法案で目標とされるのは、暴力ゲームの“製造、配布、輸入、保管、記録媒体への保存の制限、そして人々の伝統や慣習、崇拝や信念、宗教やシンボルといったものに影響を及ぼすゲームの制限”といったものとなっています。ブラジルのゲーム系ニュースサイトUOLによると、議会・教育委員がその法案を承認したと伝えられ、現在は憲法と法の委員会による採決の段階に入っているそうです。

この法案が通ればこの法律を犯した場合、懲役1〜3年の刑を科せられるとの事。実際に可決されるかは定かではありませんが、ブラジルでは過去にCounter-StrikeやPostal、Grand Theft Auto等の暴力表現のあるゲームが規制の対象になるなど、ゲーム内表現に関して厳しい一面も見せています。(ソース: Game politics)

【関連記事】
SEGA、暴力表現規制の厳しさから『Aliens vs. Predator』のドイツ発売を断念
『Modern Warfare 2』がロシアでリコールに。テロリスト襲撃シーンが完全規制
過激なサバイバルホラーFPS『NecroVisioN』オーストラリアで発売禁止に
リージョン規制に不満の声も?韓国でWii発売から一ヶ月
《Round.D》

ニュース アクセスランキング

  1. なんだこれは…『オーバーウォッチ』西遊記イベントのスキンが出現

    なんだこれは…『オーバーウォッチ』西遊記イベントのスキンが出現

  2. 『ファイナルファンタジーXV』米国での発売初月セールスがシリーズ最高記録

    『ファイナルファンタジーXV』米国での発売初月セールスがシリーズ最高記録

  3. 『ウィッチャー』『HITMAN』元開発者ら、新スタジオ「Strange New Things」を設立

    『ウィッチャー』『HITMAN』元開発者ら、新スタジオ「Strange New Things」を設立

  4. 牧場開拓ゲーム『Stardew Valley』日本語実装間近か―ニンテンドースイッチ版にも言及

  5. 『レインボーシックス シージ』Year 2ロードマップ!韓国/スペイン/香港/ポーランドから参戦

  6. オープンワールド狩猟ゲーム『theHunter: Call of the Wild』発表!

  7. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

  8. PC無料版『ARK:Survival Evolved Online』が日本含むアジア地域で配信決定

  9. 噂: 「ニンテンドースイッチ」のVCがゲームキューブタイトルに対応

  10. WRC公式ラリーゲーム『WRC 6』国内PS4向けに発売決定!日本語版特典も

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top