“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

海外アナリスト: 『GTA IV』購入者の大部分が本編をクリアしていない

December 08, 2009(Tue) 19:29 / by Rio Tani

累計販売本数は1300万本を超え、Xbox 360用に2つのダウンロードエピソードが配信されているGrand Theft Auto IVですが、DLCが期待通りのセールスを上げていないと一部で指摘された件について、海外アナリストがその原因を分析しています。

お馴染みWedbush MorganのアナリストMichael Pachter氏は、DLCのセールスが伸び悩んでいるのはGTA IV本編のボリュームが大きすぎることが要因だと指摘。ゲームを購入した大部分のユーザーが本編をクリアしていないのでは、と予想しています。

“ゲームプレイが6〜10時間の一般的なCall of Dutyのようなタイトルに比べると、GTA IVは少なくとも50時間のボリュームがあります(私には100時間以上に見えましたが)。Call of Dutyを購入したほとんどのユーザーは本編をクリアしており、もし内容を気に入ればDLCにも興味を持つでしょう。その一方、私の推測ではGTAを購入したユーザーのうちゲームをクリアしたのは全体の20%以下で、DLCに興味を示すのはごく少数だと言えます。”

とはいえ、DLCのセールスがスローペースでもフランチャイズとして大きな成功を収めたことに変わりはないと同氏。スピンオフや追加エピソードよりも、正式なシリーズ新作の登場が最も待たれているのかもしれません。(ソース: VG247: GTA IV’s “massive” size may put punters off DLC, says analyst)


【関連記事】
GTA次回作の舞台は…?『Episodes from Liberty City』の説明書にヒントが
アナリストがDS版『GTA』のセールス不振に言及。「サードパーティーが任天堂機種で成功するのは困難」
配信間近!『GTA: The Ballad of Gay Tony』の最新映像や多数の最新ショットが公開
『Call of Duty 4』が累計1,000万本を突破、『Grand Theft Auto IV』は1,100万本を出荷中
販売本数600万本! 『Grand Theft Auto IV』一週間で5億ドルのセールスを記録
『人喰いの大鷲トリコ』の上田文人氏「GTA IVには革新性が足りない」
海外レビューハイスコア 『Grand Theft Auto: The Ballad of Gay Tony』
海外レビューハイスコア 『Grand Theft Auto: Chinatown Wars』
海外レビューハイスコア 『Grand Theft Auto IV: The Lost and Damned』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image