2009*年末企画 『お蔵入りしてしまった次世代ゲーム』10選 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

2009*年末企画 『お蔵入りしてしまった次世代ゲーム』10選

Game*Spark お知らせ


今年も一年、数多くのゲームが華々しく市場にリリースされましたが、その陰には人知れず開発が中止し、お蔵入りしてしまったゲームも少なくはありません。今回Game*Sparkがお贈りする年末企画では、そのような散ってしまったゲームを厳選10タイトルをピックアップする、知的好奇心くすぐる企画をお届けします!

* * * * * * *


※URLをクリックでUnseen 64の個別記事へリンクしています。ここでは紹介出来なかった画像や映像も掲載されているので興味のある方はどうぞ。

1Batman: Dark Knight (Xbox 360/PS3) (URL)
開発:Pandemic Studios ジャンル:アクション

当初オープンワールドのバットマンゲームとして6ヶ月の準備期間にあったPandemicは、その後EAの意向により映画“Dark Knight”に基づくゲームへと変更。その為6ヶ月の準備期間の内容を失なった他、バットマンの契約期限が切れてしまう為、プロジェクトを急がせる事を強いられた結果発売中止に。Saboteurにはこのプロジェクトと同様のエンジンが使用されているそうです。




2Agent (Xbox 360/PC) (URL)
開発:Ensemble Studios ジャンル:アクションアドベンチャーゲーム

開発スタジオが閉鎖する際、最後に訪問をした海外サイトのGamasutraによってプロジェクトが明るみに。コンセプトアートにはカートゥーン調のキャラクターが描かれ、トゥームレイダーを模したゲームであったそうです。




3Aliens RPG: Crucible (Xbox 360/PS3) (URL)
開発:Obsidian Entertainment ジャンル:RPG

Project Connecticutとも呼ばれ、セガが発売元となる予定だった映画原作のRPGタイトル。しかしながら経済的な問題により発売が中止となったと見られています。Star Wars: Knights of the Old Republic II The Sith LordsやNeverwinter Nights 2等のRPG作品を手掛けた同社だけに、それに習った内容になると予想されていたようです。




4Amped 4 (Xbox360 PS3) (URL)
開発:Indie Built ジャンル:スポーツ

国内では天空として展開されたシリーズの4作目。Amped3の発売後、Links 2007と共に開発に取り組むも2006年4月にスタジオが閉鎖。同時に両作とも発売中止となりました。今回はPS3とのマルチリリースが予定され、リゾートコミュニティや技術的な向上が図られていたそうです。




5Ascendant (Xbox 360/PS3/PC) (URL)
開発:Big Huge Games  ジャンル:ファンタジーアクションRPG

2007年にPC/PS3/Xbox 360向けにTHQから発表があり、Big Huge Gamesと共にOblivionのデザイナーKen Rolston氏も開発に参加していたタイトル。しかしながらTHQが2009年初めに経済的な理由により本作のパブリッシャーの権利を放棄、後にBig Huge Gamesは38 Studiousに買収となります。その際のプレスリリースには「Big Huge Gamesは、現在、Xbox 360/PlayStation 3/Windows PC向けの無名のRPGを開発中です」とあり、本作の発売を待ち望んでいたファンは開発の継続を期待しているようです。




6Career Criminal (Xbox 360/PS3) (URL)
開発:Midway Austin(旧Inevitable Entertainment) ジャンル:アクション

Sandboxを舞台に宝石や高価な物の窃盗をするアクションゲーム。2008年12月にスタジオ閉鎖により発売中止。Midwayの社長は本作について「Career Criminalは大きく、野心的なオープンワールドゲームでした。」とコメント。




7Cops (Xbox 360/PS3) (URL)
開発:Pyro Studios ジャンル:アクション

2003年から2008年に架けて開発が行われていたタイトル。しかしながらAnait Gamesが2008年12月に同スタジオの30人の従業員を解雇、その後のクリスマスシーズンに発売中止を正式に発表。その決定にはセガから発売されたPlanet 51にリソースを注ぐ為であったそうです。




8Crude Awakening (Xbox 360/PS3) (URL)
開発:Pseudo Interactive ジャンル:アクション/ドライビングゲーム

次世代カーマゲドンとして意図されて開発されていたタイトル。ゲームは初代カーマゲドンを発売したSCI / Eidosから発売予定だったものの、発売元の意向により発売中止。また本作はPseudo Interactiveの力を注いでいたタイトルであった為、この一件がスタジオ閉鎖に追い込んだ理由になったとも言われています。




9Divided City (Xbox360/PS3) (URL)
開発:Pseudo Interactive ジャンル:コンバットレーシング

同社が手掛けたFull Auto 2の後に、異なるコンバットレーシングとして開発されていたタイトル。プレイヤーは様々な装甲車を使用し、戦車や他の敵と戦闘すると言ったゲームで、プレイヤブルデモまで完成。しかしながら2008年のスタジオ閉鎖と共にプロジェクトはお蔵入りに。




10Indiana Jones and the Staff of Kings (Xbox360/PS3) (URL)
開発:LucasArts ジャンル:アクション

LucasArtsが2005年に、次世代機向けのインディー・ジョーンズゲームとして発表。2007年に発売予定だったものの、開発の遅れや低いクオリティにより2009年前半にプロジェクトはお蔵入り。尚本作の外部開発であったWii/PS2/DS/PSP版は発売されています。

* * * * * * *


以上10タイトルをお届けしました。ここでは主にマイナータイトルを取り扱いましたが、この他Star Wars Battle Front3や、Timesplitter4等も記憶に新しいのではないでしょうか。その後音沙汰の無いPrey2や、噂段階のマイケル・ジャクソンプロジェクトも果たしてどうなっているのか……来年は多くのタイトルが発売される事を期待したいですね。

(イメージ: Unseen64


【2009*年末企画 記事一覧】
『2010年期待の新作』BEST50+
『ゲーム会社の閉鎖・買収ニュース』
『カルチャー&アートネタ』TOP10
『ゲームが関わる事件・事故』TOP10
『海外ゲーム業界を騒がせた10大問題』
『ムフフなセクシーネタ』TOP10
『メタスコアで見る2009年のビデオゲーム』WORST20
『豪華アイテム付き限定版』TOP5
『海外で最も評価された国産タイトル』TOP30
『今年発売されたゾンビゲーム』
『特集&ランキングネタ』TOP10
『最もおバカな記事』TOP15
『最もたくさん読まれた記事』TOP10
《Round.D》

Game*Spark アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. 狂気ホラー『Year Of The Ladybug』中止声明全文―「素晴らしい旅だった」

    狂気ホラー『Year Of The Ladybug』中止声明全文―「素晴らしい旅だった」

  3. 【コラム】『FF15』の終わりなき旅―歪な世界の多重リアル構造【ネタバレ注意】

    【コラム】『FF15』の終わりなき旅―歪な世界の多重リアル構造【ネタバレ注意】

  4. 【特集】目指せダイア!『レインボーシックス シージ』初心者脱出ガイド

  5. 【特集】『エースコンバット』歴代シリーズ解説―最新作『7』との関係は?

  6. 【総力特集】『トイレ・オブ・ザ・イヤー 2016』受賞発表!

  7. 任天堂「ニンテンドースイッチ」の発売日やスペック、対応ソフトは?―現時点の情報まとめ

  8. 【げむすぱ放送部】『Closure』金曜夜生放送―光を操り扉を目指せ!

  9. 【PR】『Steamのオープンワールドサバイバルゲーム』 7選

  10. 【インタビュー】「最も評価の割れたサバイバルホラーゲーム」を生み出したSWERYが独立、今後の活動や『D4』はどうなるのか

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top