Sega of America担当者「Wiiを80ドル値下げしても任天堂はまだ儲かる」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Sega of America担当者「Wiiを80ドル値下げしても任天堂はまだ儲かる」

家庭用ゲーム Wii

4 Guys 1UPのポッドキャストに登場したSega of AmericaのディレクターConstantine Hantzopoulos氏は、「Wiiを80ドル値下げしてもまだ儲かる」などと任天堂に関して気になる発言を色々したそうです。以下、発言内容の一部を抜粋。

“任天堂の業績が悪化しているのをはっきりと見ることができるでしょう。本体を80ドル値下げしたら飛ぶように売れるでしょうが、そうでもしない限りWiiは垂直落下状態だと思います。もしWiiが80ドル安くなっても任天堂はまだ儲かると私は信じています。要するに彼らはWiiを値下げする能力があるってことです。ソニーやMicrosoftには無理な話ですが。”

また同氏は、セールスが伸び悩んだEAのDead Space: Extractionを例に挙げ、同社が2009年に発売したMadWorld、The Conduit、House of the Dead: OverkillといったWii用のMatureレーティングタイトルを今後販売しない意向を示唆しています。(ソース: Nintendo Everything)


【関連記事】
『Dead Space Extraction』の初週売上は9,000本。アナリストはEAの宣伝不足を指摘
海外アナリスト「37%のWii用ゲームはレビューされていない」
やはり本当だった!任天堂がWiiの値下げを公式に発表
セガ: 新作2Dソニック『Project Needlemouse』はコアゲーマーを満足させる
WiiのMレーティングゲームが好調の海外セガ、『MadWorld』のシリーズ化も希望
海外レビューハイスコア 『The Conduit』
『House of the Dead: Overkill』の開発者、「バーチャコップの新作もやりたい」
《Rio Tani》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『バイオハザード7』のDLC情報が海外発表―第1弾はPS4版が近日配信

    『バイオハザード7』のDLC情報が海外発表―第1弾はPS4版が近日配信

  2. 『バイオハザード7』最新PV公開! プレイヤーを待ち受ける恐怖と謎を映像でチェックしよう

    『バイオハザード7』最新PV公開! プレイヤーを待ち受ける恐怖と謎を映像でチェックしよう

  3. 『GRAVITY DAZE 2』複数の不具合対処方法が告知

    『GRAVITY DAZE 2』複数の不具合対処方法が告知

  4. ニンテンドースイッチ『ウルトラストリートファイターII』のゲームプレイ機能を紹介

  5. MSスペンサー氏、ハイエンド機「Scorpio」で遂にゲームをプレイ!その感想は…

  6. 稲川淳二がPSVRに挑戦! 怪談の語り手が『バイオ7』と『KITCHEN』をプレイする映像をお披露目

  7. マイニンテンドーストアが徐々に復旧、商品も一部予約可能

  8. Xbox One最新アップデートの一部がXbox Insider Programで配信開始―解説映像も披露

  9. 『レインボーシックス シージ』新DLC「Operation Velvet Shell」海外向け映像公開

  10. 『DARK SOULS III』DLC第2弾「THE RINGED CITY」3月28日配信!本編+DLCのオールインバージョンも発売決定

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top