スクエニ和田社長:『FFXIII』のようなタイプのゲーム開発は最後になるかもしれない | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

スクエニ和田社長:『FFXIII』のようなタイプのゲーム開発は最後になるかもしれない

家庭用ゲーム PS3

巨大フランチャイズのデベロッパーであり、海外ゲームのパブリッシャーでもあるスクウェア・エニックス。和田社長が海外誌EDGEのインタビューに応えています。FFシリーズの海外開発の可能性についてはお伝えしましたが、それ以外にも多岐にわたり今後の展望が語られています。

海外での発売を控えるファイナルファンタジーXIIIについても触れられており、巨大予算・長期開発の日本産ゲーム、その典型ともいえる本フランチャイズの今後について語られています。
“私は、FFXIIIが特別なものであり、オーディエンスに十分受け入れられるだろうと信じています。しかし、私はこのタイプのゲームを内部でつくりつづけるべきかどうか、判断の余地を残しています。なぜなら、FFXIIIの開発チームは“次世代的な”遊びを持つ作品をつくるため、次のステップに進むべきだと感じているからです。”

和田氏は、スクウェア・エニックスが新しいものを期待されていると感じており、自身でも内部のFF開発チームに、これまでと「全く異なるもの」をつくってほしいと考えているようです。

近年では海外ゲームのパブリッシャーとしても知られるスクウェア・エニックス。和田氏は最近Uncharted 2をクリア、これからModern Warfare 2をプレイしようと考えているそうで、「できるだけ海外のゲームをプレイしようとつとめています。またできるだけそれらについてのコメントをクリエイターに提供しています」と話しており、多くの海外ゲームのパブリッシャーとなった今、「日本のスタッフにもっと海外ゲームに関心を持ってほしい」と望んでいるそうです。「海外ゲームに偏見があるのは、実はプレイヤーではなく小売業者」とも話しています。

「日本のFF開発チームによる“次世代的”ゲーム」「海外のデベロッパーによる“FF”新作」。いずれも気になりますが、将来的に目にすることができるかもしれません。なお本インタビューでは、Eidosの今後、Capcom稲船氏の“Japan is over”発言、CESAと海賊行為などにも触れられています。(ソース: EDGE: An Audience With: Yoichi Wada)


【関連記事】




《Kako》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『バイオハザード7』のDLC情報が海外発表―第1弾はPS4版が近日配信

    『バイオハザード7』のDLC情報が海外発表―第1弾はPS4版が近日配信

  2. 『バイオハザード7』最新PV公開! プレイヤーを待ち受ける恐怖と謎を映像でチェックしよう

    『バイオハザード7』最新PV公開! プレイヤーを待ち受ける恐怖と謎を映像でチェックしよう

  3. ニンテンドースイッチ『ウルトラストリートファイターII』のゲームプレイ機能を紹介

    ニンテンドースイッチ『ウルトラストリートファイターII』のゲームプレイ機能を紹介

  4. 『GRAVITY DAZE 2』複数の不具合対処方法が告知

  5. MSスペンサー氏、ハイエンド機「Scorpio」で遂にゲームをプレイ!その感想は…

  6. 稲川淳二がPSVRに挑戦! 怪談の語り手が『バイオ7』と『KITCHEN』をプレイする映像をお披露目

  7. マイニンテンドーストアが徐々に復旧、商品も一部予約可能

  8. Xbox One最新アップデートの一部がXbox Insider Programで配信開始―解説映像も披露

  9. 『レインボーシックス シージ』新DLC「Operation Velvet Shell」海外向け映像公開

  10. 『Mass Effect Andromeda』のAccess体験版は製品版に引き継ぎ可

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top