“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

Microsoft幹部: Xbox 360の新型を発売する必要性はない

January 12, 2010(Tue) 13:04 / by Rio Tani

先週開催されたCES 2010では、モーションカメラProject NatalやLIVEの新コンテンツGame Roomを発表したMicrosoft。同社のXbox部門でシニアディレクターを担当するDavid Hufford氏は、「新型Xboxを発売する必要はない」などと発言しています。

以下、The Guardianに掲載されたHufford氏のインタビューから抜粋。

“Xbox 360が我々にとって長い未来を持ったゲーム機であると言うのは、重要なことだと考えています。新しいゲーム機を発売する必要性はありません。なぜなら、ソフトウェアのアップグレードやProject Natalのようなハードウェアのアップグレードによって、Xbox 360に新しい生命を与えることができるからです。

Xbox 360は長い寿命を持つ本体としてデザインされており、まだ中間地点に達しているかも分りません。”

Xbox 360の上位機種後継機の存在が過去に度々噂されていますが、Microsoftはそうした新型の発売を否定。今回の発言を見ても、Xbox 360のブランドは今後も長い間継続していくことが伺えます。(ソース: CVG: MS: "There's no need to launch a new Xbox")


【関連記事】
噂: ATIが次世代Xbox向けにグラフィックチップを供給。2012年に後継機が登場?
海外アナリスト: Natalを同梱した500GBのXbox 360本体が2010年末に登場
CES 2010: Microsoftが内部チップを断念?Project Natalの新情報色々
CES 2010: Xbox 360は全世界で3900万台を販売、LIVE会員は2000万人突破
CES 2010: Microsoft、Project Natalの発売時期を正式に発表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image