ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『最もウザいゲームの相棒キャラクター』TOP12

ゲーム文化 カルチャー

企画ネタでおなじみUKゲームサイトGamesRadarにて、“The 12 most annoying sidekicks EVER”と題し、古今東西のゲームに登場するウザくて仕方ない相棒やお供キャラクターが12人ランキングで紹介されています。プレイヤーを苛立たせ、時には道中を困難にしてしまうこともある12人の困ったキャラクター達を順番に見てみましょう。

* * * * * * *


12位: ローマン・ベリック
(Grand Theft Auto IV)



11位: シェリー・バーキン
(バイオハザード2)



10位: 熱狂的なファン
(The Elder Scrolls IV: Oblivion)



9位: ナターリア・シミョノヴァ
(Goldeneye 007)



8位: スリッピー・トード&ペッピー・ヘア
(スターフォックス)



7位: 赤ちゃんマリオ
(スーパーマリオ ヨッシーアイランド)



6位: テイルス
(ソニックシリーズ)



5位: エマ・エメリッヒ・ダンジガー
(メタルギアソリッド2)



4位: Zeke
(InFamous)



3位: Eric Sparrow
(Tony Hawk’s Underground)



2位: ナビィ
(ゼルダの伝説 時のオカリナ)



1位:
(ダックハント)



* * * * * * *


ソースの記事では、これらのキャラクターのどの辺りがウザいのか、彼らがもしいなくなるとゲームがどう変わるかといった解説まであるので興味のある方はチェックしてみましょう。もっとウザいお供キャラを知ってるぜ!という方はコメント欄にてどうぞ。(ソース&イメージ: GamesRadar: The 12 most annoying sidekicks EVER)


【関連記事】
2009*年末企画 『最もおバカな記事』TOP15
2009*年末企画 『特集&ランキングネタ』TOP10
『ポルノみたいに聞こえるゲームのタイトル名』TOP10
発売10周年記念!海外サイトが選ぶ『ドリームキャスト古今の名作』TOP7
『ゲーマーが恋人に向かって言いそうな最悪のセリフ』8選
『食べたらおいしそうなゲームキャラクター』8選
《Rio Tani》

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 錦糸公園、鶴舞公園など『ポケモンGO』人気スポットにトレーナー殺到

    錦糸公園、鶴舞公園など『ポケモンGO』人気スポットにトレーナー殺到

  2. 小型ファミコン「Nintendo Classic Mini: NES」紹介映像―懐かしさこみ上げる

    小型ファミコン「Nintendo Classic Mini: NES」紹介映像―懐かしさこみ上げる

  3. 『Pokemon GO』トレーナー必携?「ポケモンずかん」風DIYスマホケース

    『Pokemon GO』トレーナー必携?「ポケモンずかん」風DIYスマホケース

  4. 『マインクラフト』で「ジブリの世界」再現! 5年がかりの一大プロジェクト

  5. PC版『DARK SOULS III』全テクスチャをなぜか「カニ」にしたプレイヤー現る

  6. eBayで『Pokemon GO』アカウントが出品中、「150匹以上ゲット済み」約30万円

  7. 日本政府が『ポケモンGO』配信に向け注意喚起―イラスト交えトレーナーにおねがい

  8. 『アーマードコア』ボードゲーム化プロジェクト始動!ジャンルはRTSで、ロボのカスタマイズも可能

  9. 『Pokemon GO』をドローンでプレイ!空中でポケモンゲットだぜ

  10. コジプロ「ルーデンスくん」が立体化!マックスファクトリー、1000トイズ、コトブキヤから

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top