テクモ:『クウォンタム セオリー』をDOA、NINJA GAIDENに続く“第三の柱”にしたい | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

テクモ:『クウォンタム セオリー』をDOA、NINJA GAIDENに続く“第三の柱”にしたい

家庭用ゲーム Xbox360

テクモのTPSとして、海外でも発売されるクウォンタム セオリー(Quantum Theory)。本作の開発陣へEDGEがインタビューを行っています。日本と海外の両方を考慮に入れた販売面・開発面でのテクモの戦略がうかがえる内容となっています。以下発言を引用する形でご紹介します。

“日本市場の収縮は明らかにビジネス戦略に影響しています。しかし日本のマーケットが小さくなる一方で、(世界で)ゲームをプレイする人々は増えています。私たちはそれを機会とみなし、最近の3、4年間を通じ、これまでテクモのゲームを買わなかったようなユーザー、特に女性をターゲットに試行を続けてきました。”(プロデューサー:江川弥寿生氏)

“多くのサード・パーソン・シューターは、たいてい大きくて汗まみれの男たちばかりです。それで、私たちはこのジャンルにより柔らかみのあるキャラクタ―を持ってくることを考えました。私たちはテクモです――私たちには、素晴らしい女性キャラクタ―たちがいます!”(デザイナー:矢崎裕之氏)

“私たちは、クウォンタム セオリーが、海外で受け入れられる新たなタイトルになると考えています。これは、日本を軽視するという意味ではありません。私たちは、日本のプレイヤーから一貫したフィードバックを得ました。TPSは日本ではポピュラーとは言えませんが、日本のユーザーにも十分な理解を得られるような方法で、こうしたゲームを発売し続ければ、海外ユーザー寄りになり過ぎはしないでしょう。
それはバランスです。私たちは、異なる方法で日本のユーザーにそれを示して行く必要があります。我々はストーリーとキャラクタ―にフォーカスしなければなりません。それにより、日本のユーザーが海外のユーザー以上の評価をしてくれるかもしれません。(ディレクター:柴田誠氏)

またテクモには、本作を「デッドオアアライブ、ニンジャガイデンに続くテクモの“第三の柱”にしたい」という意向があるとも伝えられており、その達成のためには、女性ユーザーや海外ユーザーといった、新しい層をターゲットに向けても努力する必要がある、としています。(ソース: EDGE Online)


【関連記事】




《Kako》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 海外TV番組に「ニンテンドースイッチ」登場!『ゼルダの伝説』最新作を実機プレイ

    海外TV番組に「ニンテンドースイッチ」登場!『ゼルダの伝説』最新作を実機プレイ

  2. 『ニーア オートマタ』体験版が12月22日配信決定、本作のバトルアクションを体験可能

    『ニーア オートマタ』体験版が12月22日配信決定、本作のバトルアクションを体験可能

  3. 新生『DOOM』アップデートでマルチにBOT戦追加、ドゥームマリーン衣装も使用可能に

    新生『DOOM』アップデートでマルチにBOT戦追加、ドゥームマリーン衣装も使用可能に

  4. 現実でトリコ飼ってみた?『人喰いの大鷲トリコ』ユニークな海外公式映像

  5. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  6. 【特集】『バトルフィールド1』オリジナルエンブレムの作り方―手順をガイド

  7. PS Plusの12月配信全コンテンツ情報が公開―1月配信の注目コンテンツも一部公開!

  8. 高速シューター『Nex Machina』プレイ映像!―『スマッシュT.V.』開発者と『RESOGUN』開発元のコラボ

  9. 国内PS4版『Fallout 4』が遂にMod対応!最新アップデート配信

  10. Xbox One向け新作『デッドライジング4』の国内発売日決定!―早期購入特典の情報も公開

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top