ハードコアゲーマーのためのWebメディア

テクモ:『クウォンタム セオリー』をDOA、NINJA GAIDENに続く“第三の柱”にしたい

家庭用ゲーム Xbox360

テクモのTPSとして、海外でも発売されるクウォンタム セオリー(Quantum Theory)。本作の開発陣へEDGEがインタビューを行っています。日本と海外の両方を考慮に入れた販売面・開発面でのテクモの戦略がうかがえる内容となっています。以下発言を引用する形でご紹介します。

“日本市場の収縮は明らかにビジネス戦略に影響しています。しかし日本のマーケットが小さくなる一方で、(世界で)ゲームをプレイする人々は増えています。私たちはそれを機会とみなし、最近の3、4年間を通じ、これまでテクモのゲームを買わなかったようなユーザー、特に女性をターゲットに試行を続けてきました。”(プロデューサー:江川弥寿生氏)

“多くのサード・パーソン・シューターは、たいてい大きくて汗まみれの男たちばかりです。それで、私たちはこのジャンルにより柔らかみのあるキャラクタ―を持ってくることを考えました。私たちはテクモです――私たちには、素晴らしい女性キャラクタ―たちがいます!”(デザイナー:矢崎裕之氏)

“私たちは、クウォンタム セオリーが、海外で受け入れられる新たなタイトルになると考えています。これは、日本を軽視するという意味ではありません。私たちは、日本のプレイヤーから一貫したフィードバックを得ました。TPSは日本ではポピュラーとは言えませんが、日本のユーザーにも十分な理解を得られるような方法で、こうしたゲームを発売し続ければ、海外ユーザー寄りになり過ぎはしないでしょう。
それはバランスです。私たちは、異なる方法で日本のユーザーにそれを示して行く必要があります。我々はストーリーとキャラクタ―にフォーカスしなければなりません。それにより、日本のユーザーが海外のユーザー以上の評価をしてくれるかもしれません。(ディレクター:柴田誠氏)

またテクモには、本作を「デッドオアアライブ、ニンジャガイデンに続くテクモの“第三の柱”にしたい」という意向があるとも伝えられており、その達成のためには、女性ユーザーや海外ユーザーといった、新しい層をターゲットに向けても努力する必要がある、としています。(ソース: EDGE Online)


【関連記事】




《Kako》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 新生『DOOM』初の大型無料アップデート「Update 1」が配信開始―旧作オマージュ要素など追加

    新生『DOOM』初の大型無料アップデート「Update 1」が配信開始―旧作オマージュ要素など追加

  2. 【攻略特集】『オーバーウォッチ』全21ヒーロー解説まとめ!

    【攻略特集】『オーバーウォッチ』全21ヒーロー解説まとめ!

  3. ゴールド向け無料解放も!『Halo 5』新協力プレイモード実装

    ゴールド向け無料解放も!『Halo 5』新協力プレイモード実装

  4. 海外PS4版『Fallout 4』Mod対応ベータが延期

  5. 海外Xbox One版『Gears of War 4』購入者にシリーズ過去作を無料配布

  6. 『バイオハザード7 レジデントイービル』発売日や対応機種は?現時点の情報まとめ

  7. 『グランツーリスモSPORT』のフォトモードでは車内も撮影可能!―魅惑のスクリーンショット披露

  8. コンソール版『7 Days to Die』の海外発売日が決定!―プレイシーン含む映像も

  9. 『INSIDE』序盤30分ゲームプレイ映像!『Limbo』開発元の新作

  10. PS4『ラチェット&クランクTHE GAME』国内向け限定版詳細!映画BDは限定版のみに

アクセスランキングをもっと見る

page top