テクモ:『クウォンタム セオリー』をDOA、NINJA GAIDENに続く“第三の柱”にしたい | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

テクモ:『クウォンタム セオリー』をDOA、NINJA GAIDENに続く“第三の柱”にしたい

家庭用ゲーム Xbox360

テクモのTPSとして、海外でも発売されるクウォンタム セオリー(Quantum Theory)。本作の開発陣へEDGEがインタビューを行っています。日本と海外の両方を考慮に入れた販売面・開発面でのテクモの戦略がうかがえる内容となっています。以下発言を引用する形でご紹介します。

“日本市場の収縮は明らかにビジネス戦略に影響しています。しかし日本のマーケットが小さくなる一方で、(世界で)ゲームをプレイする人々は増えています。私たちはそれを機会とみなし、最近の3、4年間を通じ、これまでテクモのゲームを買わなかったようなユーザー、特に女性をターゲットに試行を続けてきました。”(プロデューサー:江川弥寿生氏)

“多くのサード・パーソン・シューターは、たいてい大きくて汗まみれの男たちばかりです。それで、私たちはこのジャンルにより柔らかみのあるキャラクタ―を持ってくることを考えました。私たちはテクモです――私たちには、素晴らしい女性キャラクタ―たちがいます!”(デザイナー:矢崎裕之氏)

“私たちは、クウォンタム セオリーが、海外で受け入れられる新たなタイトルになると考えています。これは、日本を軽視するという意味ではありません。私たちは、日本のプレイヤーから一貫したフィードバックを得ました。TPSは日本ではポピュラーとは言えませんが、日本のユーザーにも十分な理解を得られるような方法で、こうしたゲームを発売し続ければ、海外ユーザー寄りになり過ぎはしないでしょう。
それはバランスです。私たちは、異なる方法で日本のユーザーにそれを示して行く必要があります。我々はストーリーとキャラクタ―にフォーカスしなければなりません。それにより、日本のユーザーが海外のユーザー以上の評価をしてくれるかもしれません。(ディレクター:柴田誠氏)

またテクモには、本作を「デッドオアアライブ、ニンジャガイデンに続くテクモの“第三の柱”にしたい」という意向があるとも伝えられており、その達成のためには、女性ユーザーや海外ユーザーといった、新しい層をターゲットに向けても努力する必要がある、としています。(ソース: EDGE Online)


【関連記事】




《Kako》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』海外ゲーム映像が続々到着!

    『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』海外ゲーム映像が続々到着!

  2. 『ニーア オートマタ』不具合修正のパッチ対応を発表─まずはDL版の問題を近日中に

    『ニーア オートマタ』不具合修正のパッチ対応を発表─まずはDL版の問題を近日中に

  3. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

    『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  4. ヌンバーニ空港で一体何が?『オーバーウォッチ』予告イメージで謎深まる―PTRにも変化が【UPDATE】

  5. 『Horizon Zero Dawn』ローンチトレイラー!―Guerrilla Gamesが描く壮大世界

  6. 『FFXV』限定特典の『A KING'S TALE: FFXV』が配信未定に

  7. 国内XB1下位互換機能に『ボーダーランズ 2』などが追加

  8. ソニーストア、PlayStation VRを2月25日8時30分より再販

  9. 『バイオハザード7』にクリス・レッドフィールドが登場!短編DLCの情報が公開

  10. PS4『ニーア オートマタ』DL版で不具合発生中―公式Twitterにて対処方法を公開

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top