ゴーストリコン最新作『Ghost Recon: Future Soldier』の“フューチャー・ソルジャー”って何? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ゴーストリコン最新作『Ghost Recon: Future Soldier』の“フューチャー・ソルジャー”って何?

PC Windows


ゴーストリコン最新作として発表されたGhost Recon: Future Soldier。そのタイトル「フューチャー・ソルジャー(未来の兵士)」からしてなにやらSFチックな雰囲気もしますが、実際はどういった意味なのか? これを調べることで“GRFS”がどういったゲームになるのか見えてくるかもしれません。

Wikipediaによれば、Future Soldierは、1990年代後期にアメリカ合衆国及びその同盟国によって始まった、多国籍軍プロジェクトに与えられた名称。また、NATO及びそのパートナー向けの、主要な国際軍事展覧会の名前でもある、とのこと。つまり、未来型の兵士を指向するプロジェクトやその兵士向け装備の展覧会を指します。

各国のFuture Soldier programにはそれぞれ独自のプログラム名がつけられています(アメリカ“Future Force Warrior”、ドイツ“IdZ”、英国“FIST”など)。Future Soldier Exhibitionは、新技術や新素材、新コンセプトなど、未来の兵士のための統合されたシステムを目指し、国際協力に活かすための世界的な展覧会。次回のFSEは、2010年10月にプラハで開催予定。

最先端の技術を取り入れた、装備一体型のユニフォーム、リアルタイムで戦場の情報とリンクするシステムなどを有し、ライフル、ピストル、ナイフ、ヘルメットといった既存の装備の強化版だけでなく、テクノロジーとの融合を目指した、全く新しいタイプの装備もあります。初期のFuture Soldierの装備は、2003年のイラク侵攻時にテストされたといいます。最終的な目標としては、外骨格、アクティブカモフラージュ、サイバネティックスの強化などを個々の兵士に与えることで、それには数十年を要するとのこと。

ゴーストリコン最新作が、このFuture Soldierと関連があるかは分かりませんが、常に現実より少し先を舞台としてきたゴーストリコンシリーズ。Future Soldierも、未来的な装備は出てきつつも、現実より少し先を指向したものになるのでは。(ソース: Wikipedia) ※画像はイメージです。



【関連記事】




《Kako》

PC アクセスランキング

  1. 【特集】監視社会の危うさを提示する『Orwell』プレイレポ―テロを未然に防げ

    【特集】監視社会の危うさを提示する『Orwell』プレイレポ―テロを未然に防げ

  2. 三人称サバイバル『Lost Region』最新ショット!全ての建物を探索可能

    三人称サバイバル『Lost Region』最新ショット!全ての建物を探索可能

  3. 『Don't Starve』開発新作『Oxygen Not Included』オープンアルファテスト開始!

    『Don't Starve』開発新作『Oxygen Not Included』オープンアルファテスト開始!

  4. スティック型PCで『Half-Life 2』『マインクラフト』は遊べるか…海外YouTuberが徹底検証

  5. 『Rogue Legacy』開発元新作、4人協力格闘アクション『Full Metal Furies』発表

  6. 『ゴーストリコン ワイルドランズ』海外TVCM!ゴーストが暴れまくる

  7. ちょっとグロテスクな物理演算車両アクション『Guts and Glory』―ママチャリで死のトラップに立ち向かう!

  8. Co-opサバイバル『The Wild Eight』Steam早期アクセス開始―極寒の地に残された8人

  9. 【特集】『Steamでプレイすべきシューティングゲーム』10選

  10. SteamがPS4コントローラー正式サポート開始!ジャイロやタッチパッドにも対応

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top