Bungie:『Halo: Reach』を我々の“ラスト・ヘイロー”とするのは時期尚早 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Bungie:『Halo: Reach』を我々の“ラスト・ヘイロー”とするのは時期尚早

家庭用ゲーム Xbox360

Halo: Reachのベータテストに向け準備を進める開発のBungie。ReachはBungieがつくる最後のHalo、ということでこれまで以上に期待が集まっていますが、必ずしもこれが確かというわけではないようです。BungieのBrian Jarrard氏が海外サイトのインタビューに応え、「我々が、二度と、決して、絶対にHaloゲームをつくらない、というのは時期尚早かもしれません」とコメント。しかし「未来は予見できない」ので現時点ではReachが最後、であるとしています。

「我々の心の中には、Haloのためのちょっと特別な場所がある」とHaloへの特別な思いを語る氏は、Reachが“ラスト・ヘイロー”となっていることはプレッシャーであると話しつつも、「もし我々が再びHaloに戻らないなら、ラスト・ゲームがこれまででベストになることは確か」、少なくともReachが「ファンにとって本当に特別なもの」になると話しています。

Reach以降は、Microsoft内部の343 IndustriesがHaloの指揮をとりますが、今後の状況次第では、再びBungieと組むという可能性もゼロではない様子。ただ、まずはHalo: Reachをベストなものにするべく注力しているようです。(ソース: CVG: Bungie: We might make another Halo)


【関連記事】




《Kako》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『The Last of Us Part II』

    『The Last of Us Part II』"右腕に彫られた"エリーのタトゥー/衣装デザイン公開

  2. 海外TV番組に「ニンテンドースイッチ」登場!『ゼルダの伝説』最新作を実機プレイ

    海外TV番組に「ニンテンドースイッチ」登場!『ゼルダの伝説』最新作を実機プレイ

  3. 『ニーア オートマタ』体験版が12月22日配信決定、本作のバトルアクションを体験可能

    『ニーア オートマタ』体験版が12月22日配信決定、本作のバトルアクションを体験可能

  4. PS4版『シルバー事件』HDリマスター海外発売日が2017年4月に決定

  5. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  6. 国内PS4版『Fallout 4』が遂にMod対応!最新アップデート配信

  7. 【特集】『バトルフィールド1』オリジナルエンブレムの作り方―手順をガイド

  8. 現実でトリコ飼ってみた?『人喰いの大鷲トリコ』ユニークな海外公式映像

  9. 新生『DOOM』アップデートでマルチにBOT戦追加、ドゥームマリーン衣装も使用可能に

  10. PS Plusの12月配信全コンテンツ情報が公開―1月配信の注目コンテンツも一部公開!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top