Bungie:『Halo: Reach』を我々の“ラスト・ヘイロー”とするのは時期尚早 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Bungie:『Halo: Reach』を我々の“ラスト・ヘイロー”とするのは時期尚早

家庭用ゲーム Xbox360

Halo: Reachのベータテストに向け準備を進める開発のBungie。ReachはBungieがつくる最後のHalo、ということでこれまで以上に期待が集まっていますが、必ずしもこれが確かというわけではないようです。BungieのBrian Jarrard氏が海外サイトのインタビューに応え、「我々が、二度と、決して、絶対にHaloゲームをつくらない、というのは時期尚早かもしれません」とコメント。しかし「未来は予見できない」ので現時点ではReachが最後、であるとしています。

「我々の心の中には、Haloのためのちょっと特別な場所がある」とHaloへの特別な思いを語る氏は、Reachが“ラスト・ヘイロー”となっていることはプレッシャーであると話しつつも、「もし我々が再びHaloに戻らないなら、ラスト・ゲームがこれまででベストになることは確か」、少なくともReachが「ファンにとって本当に特別なもの」になると話しています。

Reach以降は、Microsoft内部の343 IndustriesがHaloの指揮をとりますが、今後の状況次第では、再びBungieと組むという可能性もゼロではない様子。ただ、まずはHalo: Reachをベストなものにするべく注力しているようです。(ソース: CVG: Bungie: We might make another Halo)


【関連記事】




《Kako》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. スイッチ本体と『ゼルダの伝説 BotW』限定版の海外公式開封映像!

    スイッチ本体と『ゼルダの伝説 BotW』限定版の海外公式開封映像!

  2. 「EA パブリッシャーセール」がPS Storeで開催!―PS Plus会員は一部タイトルがさらに10%オフに

    「EA パブリッシャーセール」がPS Storeで開催!―PS Plus会員は一部タイトルがさらに10%オフに

  3. 日本のSFアニメから影響を受けた変形戦闘機STG『宇宙戦士ガラクZ』PS4で2月23日配信

    日本のSFアニメから影響を受けた変形戦闘機STG『宇宙戦士ガラクZ』PS4で2月23日配信

  4. プレイヤーの個性を引き出す『フォーオナー』カスタマイズ要素紹介映像

  5. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  6. PS4最新作『ニーア オートマタ』各種特典が発表―店舗別特典は5種類

  7. PS4『Horizon Zero Dawn』は800万本売れる―海外調査会社

  8. PC/PS4『ゴーストリコン ワイルドランズ』国内オープンベータ実施決定!2月24日より

  9. 『ニーア オートマタ』お蔵入りだった“TVCM無規制版”が公開─まさに「命もないのに殺し合う」シーンを収録

  10. 盗まれたニンテンドースイッチ本体が流出―米任天堂が明らかに

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top