ハードコアゲーマーのためのWebメディア

SCEA幹部、PSP goの価格設定や年内発売の超大型タイトルに言及

携帯ゲーム PSP

発売当初はその小売価格が様々な議論を呼んだ新モデルのPSP go(日本では定価26,800円税込み)。先週、海外サイトのインタビューを受けていたSCEAの幹部が、価格が高いことを認めるような発言をしたのが話題になっています。

SCEAのシニア副社長Rob Dyer氏は、PSP go発売の背景には深刻な海賊版の問題があったとした上で、以下のように発言。

“ユーザーが求める物を提供する方法を見つけ出したいと望んでいたので、もし彼らがお店に行きたくない時でも、(PSP goによってゲームやコンテンツを)自宅でダウンロードすることができます。これで海賊版の問題は完全に廃絶できると願っていました。PSP goはユーザーを困惑させたか?そうですね、同時に高い価格設定も状況を良くすることはありませんでした。”

同氏はこうした反省点を踏まえ、ユーザーと再度コミュニケーションを図りながら、これまでの疑問に答えられるようなたくさんの何かを準備していると伝えています。

さらに、年内リリースに向け複数のサードパーティーがPSPの大型新作タイトルを開発中で、GDC 2010、Destination PlayStation、あるいはE3 2010といったビッグイベントで発表になると予告しています。

E3 2010では、DS2とPSP2が同時に発表されるというも一部で囁かれているようですが、今年で6年目に突入するPSPにとって大きな転換期となるのでしょうか。(ソース: IndustryGamers: PSP to See 'Big, Big Titles' This Year, Promises Sony)


【関連記事】
任天堂レジー社長、PSP Goに懐疑的な意見…「コンセプトに問題」
海外レビュー番外編: 話題の新モデル『PSP go』の評判は…?
SCEA、UMDのデジタル版交換サービスを見送りに… 「権利や技術的問題」
オランダの大型小売店がPSP Goにボイコット。店頭での販売を見合わす
噂: PSP2はGeForce 8600級のグラフィックチップを搭載。2010年にも登場?
噂: UMDドライブを搭載した新バージョンのPSP-4000が開発中
UMDドライブ搭載のPSP-4000、アナリストは「実現の可能性高い」と指摘
「UMDが入らない!」 Mega64が描くPSP Go新規ユーザーの悲劇…
《Rio Tani》

携帯ゲーム アクセスランキング

  1. PS Vita版『刺青の国』配信開始!日活のゲームレーベルが本格始動

    PS Vita版『刺青の国』配信開始!日活のゲームレーベルが本格始動

  2. 海外版『モンスターハンター4G』は日本版のユーザーとはプレイ不可、Wii U版はないと担当者が回答

    海外版『モンスターハンター4G』は日本版のユーザーとはプレイ不可、Wii U版はないと担当者が回答

  3. 【特集】サンドボックスRPG『エアシップQ』にこめられた10の魅力!

    【特集】サンドボックスRPG『エアシップQ』にこめられた10の魅力!

  4. 【特集】『シャンティ』クリエイター対談 ─ ディレクターと日本人イラストレーターの出会い

  5. 新型PS Vita向け「L2/R2ボタン」搭載グリップカバーが4月下旬に登場

  6. 再現度の高さがうかがえる『グランツーリスモ』と実写の比較画像

  7. ぬるぬる&セクシーな探索型ACT『シャンティ -海賊の呪い-』プレイレポ―美しいドット絵とメタなジョークが魅力

  8. スクエニが4年掛かりの海外ファンプロジェクトを差し止め → 一部から批判の声

  9. コンパイル創業者の新作パズル『にょきにょき』は『ぷよぷよ』の問題点の解決策から生まれた

  10. PS Vita『KILLZONE: MERCENARY』にボットゾーンモードを追加する新DLCの国内配信が開始

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top