Activision、IW元幹部の訴訟に対し声明を発表 「失望した」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Activision、IW元幹部の訴訟に対し声明を発表 「失望した」

ニュース 最新ニュース

遂に訴訟へと発展し泥沼化の様相を見せるInfinity Ward元幹部とActivision間のトラブル。Modern Warfare 2のロイヤリティー支払い前に解雇されたと主張するVince Zampella氏とJason West氏の訴えに対し、今日Activisionが公式な声明を発表しました。

“Zampella氏とWest氏が訴訟を選んだことには失望しており、その主張にはメリットがないと信じています。これまで8年間、Activisionの株主は、彼らがInfinity Wardを設立するための資金を提供し、経済的援助、リソース、クリエイティブな独立性によって、彼らが途方もない成功を収め、個人的な富を得るのを助けてきました。(中略)Activisionは、引き続き所有するCall of Dutyフランチャイズに取り組み、何百万人ものファンのために、エキサイティングで革新的なゲームを作り続けるでしょう。”

Activisionが発表した声明は、3,600万ドルにも及ぶというロイヤリティーの支払いや、具体的な契約破棄の理由には触れられておらず、同社の正当性を主張する内容となっています。また、関連ブランドの主導権を要求していた訴状に対して、今後もCall of Dutyの制作を積極的に続けていくと全く動じない姿勢を見せています。

また別のソースになりますが、G4tvが関係者から入手したメモの内容から、Activisionが今回の件に関わる以下のような資料や証拠をInfinity Ward内部で探していたことが明らかになったそうです。

* Infinity Wardの新作プロジェクトに関わる資料。(例 Modern Warfare 3)

* Infinity WardがActivisionから独立したスタジオを設立する可能性を示す資料

* 2人の幹部がElectronic Artsなどのライバル企業とコミュニケーションしたことを示す資料

Modern Warfare 2の大きな成功の影で深刻化するパブリッシャーと開発者のトラブル。今後どのような展開を見せるのか、続報が入り次第お伝えします。(ソース: VG247, G4tv)


【関連記事】
『Modern Warfare 2』を巡りInfinity Wardの元幹部らがActivisionを訴訟
Infinity WardとActivision間でトラブル?スタジオ内で異変が…
Activision、新作『Call of Duty』やInfinity Ward内の人事異動を発表
『Modern Warfare 2』の売上高が10億ドルを記録!Activisionが発表
EAの開発者が『MW2』の空港シーンに言及。「Infinity Wardの勇気に敬意を表する」
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. 新バトルモード紹介も?『オーバーウォッチ』中国向け動画広告らしき映像が公開

    新バトルモード紹介も?『オーバーウォッチ』中国向け動画広告らしき映像が公開

  2. 「女性ゲーマーが好むジャンル」海外調査結果―1位は農業シムなど

    「女性ゲーマーが好むジャンル」海外調査結果―1位は農業シムなど

  3. なんだこれは…『オーバーウォッチ』西遊記イベントのスキンが出現

    なんだこれは…『オーバーウォッチ』西遊記イベントのスキンが出現

  4. PC版『バイオハザード 7』の推奨/最低環境が公開―推奨はGTX 960以上に

  5. 『レインボーシックス シージ』Year 2ロードマップ!韓国/スペイン/香港/ポーランドから参戦

  6. 【TGS 2016】ファミパンおじさんの正体など新情報ゾクゾク!『バイオハザード』ステージイベントレポ

  7. 牧場開拓ゲーム『Stardew Valley』日本語実装間近か―ニンテンドースイッチ版にも言及

  8. 海外カプコンが歴代カプコンタイトル売り上げランキングを公表、史上最も売れたのは『バイオ5』

  9. ハリウッド映画版『ディビジョン』正式発表!ジェイク・ジレンホールがあの人気女優と

  10. 恐竜世界でサバイバル!『ARK: Survival Evolved』が発表―PS4/Xbox One/Steamで2016年リリース予定

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top