任天堂オブアメリカ社長がソニーのPlayStation Moveについてコメント | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

任天堂オブアメリカ社長がソニーのPlayStation Moveについてコメント

家庭用ゲーム PS3

先週開催されたGDC 2010では、PS3用モーションコントローラPlayStation Move発表が話題になりましたが、モーションコントロールでは一歩先を行く任天堂が、ソニーの新型デバイスに関してコメントしています。

IndustryGamersのインタビューを受けた任天堂オブアメリカ社長のReggie Fils-Aime氏は、グラフィック性能が優れたPS3にモーション操作が加わることで、ソニーはWiiのユーザーがPS3に移行するのを望んでいるのでは、との質問に対し以下のように回答。
“ユーザーはWiiを愛してます。Wiiのユーザーが、PS3本体に300ドル、Moveのバンドルに最低でも100ドルを費やす動機はあるでしょうか?ユーザーはその400ドルに加えて、さらにソフトにもお金を払わなければなりません。彼らにそれをさせる動機とは何でしょうか?”

また、Fils-Aime氏は、この業界では常に消費者の視点で製品を考えていないことが問題だと指摘。ユーザーにとって魅力や価値が十分でなければ、いずれその製品は死んでしまうだろうと語っています。(ソース: IndustryGamers: Nintendo's Reggie on Wii Core Games, Wii HD, Shortages & More)


【関連記事】
ソニー:『PlayStation Move』はごく僅かなメモリ使用量で動作する
GDC 10: 『PlayStation Move』対応、Wii版からの初移植タイトルが明らかに
GDC 10: 『PlayStation Move』の実演シーンも!ソニープレスカンファレンス直撮り映像
GDC 10: EA、カプコン、スクエニ他、36のメーカーが『PlayStation Move』に参入
『ドラゴンクエストIX』 北米では任天堂がパブリッシャーを担当
任天堂の宮本茂氏が英国アカデミー賞の特別賞を受賞
任天堂、振動機能を採用した携帯ゲーム機の特許を更新
噂:新型“DS2”はゲームキューブ相当のパワー、2010年末に発売?
《Rio Tani》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『ニーア オートマタ』お蔵入りだった“TVCM無規制版”が公開─まさに「命もないのに殺し合う」シーンを収録

    『ニーア オートマタ』お蔵入りだった“TVCM無規制版”が公開─まさに「命もないのに殺し合う」シーンを収録

  2. PS4『バットマン: リターン・トゥ・アーカム』プレイレポ―美麗になったヴィランたちを再び倒してきた

    PS4『バットマン: リターン・トゥ・アーカム』プレイレポ―美麗になったヴィランたちを再び倒してきた

  3. 墓場に潜む怪情報…『ウォッチドッグス2』新アップデートで浮上した謎のウワサ

    墓場に潜む怪情報…『ウォッチドッグス2』新アップデートで浮上した謎のウワサ

  4. 戦隊ヒーローSRPG『Chroma Squad』海外PS4/XB1版の発売時期決定―PS Vita版はキャンセル

  5. 『ショベルナイト』DLC「Specter of Torment」完成、今度の主役は「Specter Knight」!

  6. 『LET IT DIE』待望の新装備登場! 期間限定イベントや日本版エネミー声優も

  7. 『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』全米脚本家組合賞ゲーム部門を受賞

  8. PC/PS4『ゴーストリコン ワイルドランズ』国内オープンベータ実施決定!2月24日より

  9. 巨躯との熱戦も!『Horizon Zero Dawn』海外ゲームプレイ集

  10. PS4『仁王』DLC第1弾「東北の龍」4月配信決定!オンライン対戦実装の大型無料アプデも予定

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top