『Halo: Reach』の“Player Investment System”プレビュー | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Halo: Reach』の“Player Investment System”プレビュー

家庭用ゲーム Xbox360



いよいよ5月からマルチプレイヤーベータテストが実施予定のHalo: Reachですが、G4tvでは一足早く、本作の“Player Investment System”がプレビューされています。

Halo: Reachでは、プレイヤーがマルチプレイモードやシングルプレイキャンペーンを進めることでクレジット(cR)という通貨を稼ぎ、Spartan Armorの装備を購入してキャラクターをカスタマイズしたり、階級を上げていくことができるそうです。



cRで購入できるアイテムは、ヘルメット、肩装備、胴体装備、その他様々なアクセサリーが用意されているそうですが、これらはプレイヤーの見た目を変えるだけで、ゲームプレイには影響を与えないとのこと。カスタマイズした容姿は、シングルプレイのカットシーンなどでも採用されます。

また、今作では“Challenges”なる新要素をフィーチャー。これは、「特定の敵をX体倒せ」「特定のモードでX回勝利せよ」といった目的が用意されたMMORPGのクエストのようなもの。毎日挑戦できる“Daily Challenges”と一週間に一度だけ挑戦できる“Weekly Challenges”の2種類が存在し、目的を達成することでcRを入手することができます。



他にも、プレイヤーのプレイスタイルに合わせてメダルが入手できる“Commendations”なる要素も確認。プレイヤーが好む武器、ビークルの使用、ヘッドショットの頻度といった様々データをゲームが追跡し、そのスタイルを反映したCommendationsメダルがcRと共に与えられるそうです。

Halo: Reachは2010年秋に発売予定。Halo 3: ODSTのディスクからアクセス可能になるマルチプレイベータテストは5月3日から実施予定です。



(ソース&イメージ: G4tv)


【関連記事】
ジェットパックが登場!『Halo Reach』マルチプレイベータのトレイラー映像がリーク
『Halo: Reach』のマルチプレイにビッグ情報? Bungieが公式ブログで示唆
X10: Bungie: 『Halo: Reach』のマルチプレイヤーでは大きな冒険を試みている
X10: 『Halo: Reach』のベータは5月3日から実施、ボックスアートも公開
『Halo: Reach』のスクリーンショット及びコンセプトアートが大量公開!
《Rio Tani》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 「マイニンテンドーストア」オープン直後からアクセス困難―スイッチ予約影響か

    「マイニンテンドーストア」オープン直後からアクセス困難―スイッチ予約影響か

  2. Nintendo Switchは2020年末までに4,000万台販売と予測―海外調査会社

    Nintendo Switchは2020年末までに4,000万台販売と予測―海外調査会社

  3. 現WWE王者がXbox 360本体入りバッグを盗まれる

    現WWE王者がXbox 360本体入りバッグを盗まれる

  4. 『Ghost Recon Wildlands』海外向け最新映像!―シングルプレイヤーを約20分披露

  5. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  6. 『GRAVITY DAZE 2』重力姫キトゥンがソフマップグラドルとして降臨?

  7. 「ニンテンドースイッチ」ローンチタイトルが公開!『ゼルダ』『ボンバーマン』など8タイトルが明らかに

  8. 『FFXV』ゲーム内イベント「モグチョコカーニバル」の開催日時決定!映像も公開

  9. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は任天堂最後のWii Uタイトル―レジー社長

  10. 「ニンテンドースイッチ」2017年発売予定のタイトルラインナップ映像が公開!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top