“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

米CNNが『レイプレイ』問題を報道、関係者から様々な意見

March 31, 2010(Wed) 16:08 / by Rio Tani



日本のPC用18禁ゲーム「レイプレイ」が海外のAmazonで販売されていたのを発端に、人権団体などから抗議が相次ぎ、国内でも規制の動きが強まった一連の事件から既に1年以上が経過していますが、アメリカの大手放送局CNNが、この問題を再び取り上げて報道しています。

CNNは、「Hentai Game」としてレイプレイなどの成人向けゲームの内容を紹介し、日本の電気街やネット上のダウンロードでも簡単に入手できる現状を報告。インタビューを受けた女性人権団体Equality Nowの担当者は、「こうした商品は決してどこでも売られるべきではない、日本政府は国内とネット上で取り締まる役目がある」とする発言をしています。

また、「ただ規制するだけでは解決にならない」と指摘する英国ゲームファンの声も取材。「インターネット上のコンテンツを規制するのは困難で、子供を守るのは保護者の責任。政府や公共団体がゲームクリエイターの表現の自由を奪うべきではない」といった意見を述べています。

尚、CNNの取材に対し、日本政府はこの件に関して公式な回答をしなかったとのことです。(ソース: CNN: 'RapeLay' video game goes viral amid outrage)


【関連記事】
英Guardian紙コラム「レイプゲームはアートではない。過激なポルノだ」
「自国のゲームで遊んでください」日本の18禁ゲームメーカーが海外からのアクセスを制限
イギリスの議員が、アマゾンで売られる日本の18禁ゲーム『レイプレイ』を国会で追及
ストックホルム症候群を題材にしたインタラクティブゲームに女性団体が抗議
所持しているだけで犯罪に、ブラジルの議員が暴力ゲームを淘汰する法案を提出
「映画はOKでゲームはダメなのはおかしい」 EA、『Left 4 Dead 2』の発禁処分に対し声明を発表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image