Remedy: 『Alan Wake』をオープンワールドのゲームとして発表したのは失敗だった | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Remedy: 『Alan Wake』をオープンワールドのゲームとして発表したのは失敗だった

家庭用ゲーム Xbox360

E3 2005で発表された際のトレイラー

先日ようやく開発完了が伝えられたアクションサイコスリラーAlan Wakeですが、開発を担当したRemedyのOskari Hakkinen氏はE3 2005でAlan Wakeを“オープンワールドのゲーム”として発表したのは失敗だったとJoysitqのインタビューで語りました。
「私達はAlan Wakeをオープンワールドのゲームとして発表しましたが、それは誤りでした。(中略)“オープンワールド”、“フリーローミング”、“サンドボックス”これらはその当時のトレンドでした」
確かに当時はGrand Theft Auto: San AndreasFar Cry(共に2004年発売)のヒットによってオープンワールドのゲームが増え始めた時期ですね。

Hakkinen氏の話によればオープンワールドのゲームとして開発が進められていたものの、オープンワールドでは物語の緊張感が損なわれてしまうといった理由から方向転換を余儀なくされたそうです。今年2月に開催されたD.I.C.E. Summitでは方向転換までの6ヶ月間に数百万ドルの予算が費やされたことを明らかにしています

果たしてリニアタイプのゲームへと生まれ変わった本作はRemedyが望む形へと仕上がっているのでしょうか。Alan Wakeは欧州5月14日、北米5月18日に、国内5月27日に発売予定です。
(ソース: Joystiq via VG247, ビデオ: YouTube)


【関連記事】
多数のゲームプレイやカットシーンを収録!『Alan Wake』4分間の紹介映像
『Alan Wake』年内に2つ以上の追加エピソードを配信予定、大型のシーズン2も?
迫り来るコンバイン収穫機!『Alan Wake』最新ゲームプレイ映像
『Alan Wake』の国内リリースが決定、豪華限定版も発売に
RemedyがPC版『Alan Wake』発売中止の理由をコメント
『Alan Wake』のオフィシャルボックスアート公開、レーティングはTeenに
実際のゲームプレイシーンも収録!『Alan Wake』最新映像が公開
《RIKUSYO》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. N64本体をスイッチ用ドックに改造したユーザー現る

    N64本体をスイッチ用ドックに改造したユーザー現る

  2. 『Destiny 2』新映像でPS4時限独占コンテンツ告知

    『Destiny 2』新映像でPS4時限独占コンテンツ告知

  3. 『ウォッチドッグス2』新たな無料コンテンツ発表、DLC第3弾は4月海外配信

    『ウォッチドッグス2』新たな無料コンテンツ発表、DLC第3弾は4月海外配信

  4. 【特集】『スプラトゥーン2』先行試射会の6時間でわかったこと

  5. 家庭用版『マインクラフト』に「グライド ミニゲーム」新登場!―エリトラで滑空レースに挑戦

  6. PS4版『FF15』DL版のセールが開催―4月3日までの期間限定!

  7. ニンテンドースイッチ本体更新データVer.2.1.0配信、システム安定性や利便性向上

  8. 『Uncharted: The Lost Legacy』でサリーは主役候補だった―開発裏話

  9. 【攻略】『スプラトゥーン2』試射会でも使えた初心者テクニック10選

  10. 【特集】ゲームバイヤーが見た、ニンテンドースイッチの行方―販売状況や入荷予定は?

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top