フルCGアニメーション風に再現!『ロックマン2』ボスキャラクター海外ファンアート | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

フルCGアニメーション風に再現!『ロックマン2』ボスキャラクター海外ファンアート

ゲーム文化 カルチャー

先月にシリーズ10作目となるロックマン10 宇宙からの脅威!!も発売され、未だ多くのファンから愛されて続けているロックマン。そのシリーズ2作目のロックマン2 Dr.ワイリーの謎に登場したボスキャラクター4体を、まるでピクサーアニメーション風のCGモデルで再現した海外ファンアートが公開されています。


フラッシュマン



バブルマン



メタルマン



ヒートマン


この作品はゲームのモデリング等を手掛けるデジタルアーティスト、David Espinozaさんが製作したCGモデルとのことで、ボスキャラクターは今にも動き出しそうな存在感がありますね。

UPDATE(2010/4/19/23:00):画像を追加しました(ソース: ProtodudesRockmanCorner via Kotaku)

【関連記事】
Safariマン?Quick Timeマン?アプリを『ロックマン』風に起動してしまうMac用ランチャー
約1,500枚のスクリーンショットで表現された『ロックマン』モザイクアート!
本日の一枚 『1250枚の折り紙で作られたロックマン!』
ファミコン風『Left 4 Dead』の作者が今度は『ロックマン9』をHDリミックス!
《Round.D》

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『オーバーウォッチ』マップ開発に痛恨のミス…ディレクターが今明かす「ドラド」誕生秘話

    『オーバーウォッチ』マップ開発に痛恨のミス…ディレクターが今明かす「ドラド」誕生秘話

  2. Twitch配信者が24時間チャリティー放送中に死去、原因は「深刻な睡眠不足」か

    Twitch配信者が24時間チャリティー放送中に死去、原因は「深刻な睡眠不足」か

  3. 玉ねぎ…ではない!『DARK SOULS』ジークマイヤー珠玉コスプレ

    玉ねぎ…ではない!『DARK SOULS』ジークマイヤー珠玉コスプレ

  4. 初代「Xbox」日本発売15周年!思い出深いタイトルは?

  5. 【猫の日企画】絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AIが話題―スパくんだと?

  6. 血も涙もない世界で生きるサイドスクロールRPG『LISA』がSteam Greenlightに登場

  7. 実際にプレイ可能な手のひらサイズのアーケードマシンが海外発表!―『パックマン』など登場予定

  8. 名作FPS『Doom』を「ポルシェ911」で運転プレイする男が危険すぎる

  9. WW2時の沈没潜水艦を探すホラー『See Light』―オープンワールド採用

  10. 『Dota2』クイーン・オブ・ペインがねんどろいど化!さらにリナがfigmaに!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top