ハードコアゲーマーのためのWebメディア

噂: Bungieの次期新作タイトルはアクションRPGに?

ニュース 最新ニュース

先週、Activisionと10年間に及ぶマルチプラットフォームのパートナーシップを結んだBungie。彼らの手掛ける次期新作タイトルのジャンルが、アクションRPGになるかもしれないと噂になっています。

これは、Bungieの公式サイトに掲載された求人情報の僅かなディテールから明らかになったもの。次回作の脚本を担当するリードライターの募集要項に、「枝分かれした、またはノンリニアなストーリー体験」といった記述が見つかり、Haloシリーズのようなリニアな物語ではなく、Mass EffectやDeus ExのようなRPG風の脚本になるのが予想できるとのこと。

また、「ゲームの世界や自分のキャラクターに費す長期的なゴールをプレイヤーに与える」との記載もあり、こちらもRPG要素を連想させるものとなっています。

どうやら新作タイトルの発表は来年以降に持ち越されるようですが、10年に渡る一大フランチャイズがどんなゲームになるのか興味は尽きませんね。(ソース: GameSpot)


【関連記事】
Bungie、PS3プラットフォームでの開発に自信のコメント
Bungieのマルチプラットフォーム新作はE3で公開の可能性も
Michael Pachter: Bungieの新作フランチャイズは1000万本以上売れる
ActivisionとBungieが10年間の独占契約、次回作はマルチプラットフォームに
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. 英アマゾンに『Destiny: The Collection』が記載

    英アマゾンに『Destiny: The Collection』が記載

  2. アジア地域で開発中の「PS VR」タイトルは13本―中国/台湾などで制作進む

    アジア地域で開発中の「PS VR」タイトルは13本―中国/台湾などで制作進む

  3. 『Alan Wake』のRemedyが韓国FPS『CROSSFIRE 2』のストーリーモード開発

    『Alan Wake』のRemedyが韓国FPS『CROSSFIRE 2』のストーリーモード開発

  4. 『ICO』思わせる雰囲気で話題となったPS4新作『Rime』は現在も開発中―まもなく最新情報を公開

  5. 終末世界列車『The Final Station』PS4版発表―PC版と同日配信

  6. PS4『バウンド:王国の欠片』ゲーム情報が国内向けに公開―妊婦の内面世界を渡り歩く

  7. 噂: 任天堂NXはNVIDIAのTegraを採用した携帯機に?―海外報道

  8. 『Burnout』のクリエイターが新作ドライビングゲームの開発に着手!

  9. 神戸市、『ポケモンGO』の対応を発表―プロジェクトチームや有識者会議の設置、大学に調査委託など

  10. 『ポケモンGO』連動デバイス「Pokemon GO Plus」発売延期―準備に遅れが生じる

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top