“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

『Call of Duty』新作はMMOに?中国や韓国向けの新作プランが明らかに

May 08, 2010(Sat) 02:36 / by Round.D

Infinity Ward幹部の解雇についてもコメントされたActivisionのカンファレンスコールですが、同社CEOのBobby Kotick氏は、オンラインゲーム市場が活発な中国や韓国に向けたCall of Duty新作のプランがある事を明らかにしました。

アイテム課金形式のマイクロトランザクションモデルを採用するオンラインタイトルが、多くを占める中国や韓国。大手BlizzardもMMORPGのWorld of Warcraftや、StarCraft IIなどのタイトルを展開し、多くのユーザーから支持されています。今回の新作は、Blizzard製ゲームに満足するユーザー達に向けた新たなタイトルとの事で、既に開発チームが設置されているそうです。

昨年にはInfinity Ward、Treyarchに続く第3のデベロッパーが開発を手掛けるとされていたCall of Duty新作、その発表は近いうちに行われるそうです。(ソース: Joystiq via Softpedia)
※この記事には機種カテゴリが設定されていますが、ゲームの対応プラットフォームは未発表です。

【関連記事】
『Modern Warfare 2』の第2弾マップパックが2010年後半に配信
新たなディテールも判明?『Call of Duty: Black Ops』のトレイラーを徹底分析
『Call of Duty: Black Ops』のデビュートレイラーが公開!
Activision、『Guitar Hero 6』の今秋発売を正式発表
Kotick社長がIW幹部の解雇についてコメント「他に選択肢がなかった」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image