『Crackdown 2』になってパシフィックシティはどう変わった?前作と同じ場所で比較! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Crackdown 2』になってパシフィックシティはどう変わった?前作と同じ場所で比較!

家庭用ゲーム Xbox360


今までに公開された動画などを見る限り、かなりのパワーアップが期待できそうなCrackdown 2(ライオットアクト 2)ですが、Bitmobにて前作とのグラフィック比較画像が掲載されています。本作は前作と同じくパシフィックシティが舞台となっているので同じ場所での比較となっています。

※マウスオーバーでCrackdown 2のスクリーンショット。





光の明暗や空気感は前作から随分と進化しているように感じますね。建物はあまり変わっていませんが、かなり治安が悪化しているのか一部が破壊されていたりと全体的に薄暗い雰囲気……。このどんよりとしたパシフィックシティに光をもたらすのはあなたです!

Crackdown 2は7月6日に北米発売予定、7月8日には国内でも発売予定となっています。1UPでは新要素も収められたゲームプレイ映像が公開されているので是非ご覧下さい。







(ソース&イメージ: Bitmob, ビデオ: 1UP)


【関連記事】
ド派手なプレイシーンが満載!『Crackdown 2』ビデオドキュメンタリー映像
『Crackdown 2』のアニメーションWebコミック“The Pacific City Archives”がスタート!
『Crackdown 2』ユーモア溢れるビデオドキュメンタリー映像
『Crackdown 2』は画面上に数千体もの敵が登場、マルチプレイヤーはとてつもなくカオス
『Crackdown 2』キャンペーンモードのウォークスルー映像が公開
疾走感あふれるデスマッチ!『Crackdown 2』直撮りマルチプレイ映像
《RIKUSYO》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 生き生きとした生態系が構築される『Rain World』―新たなGIF動画も公開

    生き生きとした生態系が構築される『Rain World』―新たなGIF動画も公開

  2. 『オーバーウォッチ』次なるイベントは旧正月?公式告知動画公開

    『オーバーウォッチ』次なるイベントは旧正月?公式告知動画公開

  3. 『バイオハザード7』が“Xbox Play Anywhere”に対応―フィル・スペンサー氏発言

    『バイオハザード7』が“Xbox Play Anywhere”に対応―フィル・スペンサー氏発言

  4. 人気F2PハクスラRPG『Path of Exile』Xbox One版が海外で2017年リリース

  5. ニンテンドースイッチ本体、海外での初回予約は続々終了

  6. 「ニンテンドースイッチ」2017年発売予定のタイトルラインナップ映像が公開!

  7. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  8. 『仁王』48時間限定で「最終体験版」を配信! 製品版に先駆け“戦国死にゲー”を味わおう

  9. 「ニンテンドースイッチ」ローンチタイトルが公開!『ゼルダ』『ボンバーマン』など8タイトルが明らかに

  10. 『DEAD OR ALIVE 5 Last Round』に「お嬢様の休日コスチューム」&「シーズンパス6」登場!【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top