Bungieの開発者が明かした『Halo: Combat Evolved』の裏話 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Bungieの開発者が明かした『Halo: Combat Evolved』の裏話

PC Windows

Activisionとの長期販売契約や9月に発売日が決定したHalo: Reachに今も大きな関心の集まるBungieですが、開発者の一人が、10年近く前に発売されたシリーズ処女作Halo: Combat Evolvedの裏話をEdge Magazineに語っています。

同スタジオのデザイナーJaime Griesemer氏が明かしたところによると、当初Bungieは、ゲームのタイトル名をサブタイトルなしの「Halo」に決めていたそうですが、Microsoftのマーケティング担当に戦闘系のゲームにはふさわしくないネーミングだと指摘を受けたとのこと。

これに対しBungie社内ではちょっとした意見の相違が生まれ、最終的にHaloにサブタイトルを付けるという妥協案に落ち着いたそうですが、Griesemer氏いわく当時はBungieのスタッフ全員がCombat Evolvedというサブタイトルを嫌っていたのだとか。

ところがゲームの発売後は、そのタイトル名が広く定着し、Haloとは関係のないゲームのキャッチコピーに使われるほど有名になってしまったため、Griesemer氏は結果的にサブタイトルが良い妥協案だったと振り返っています。(ソース: CVG: Microsoft forced Bungie to accept 'Combat Evolved' name)


【関連記事】
『Halo: Reach』の発売日が決定、ベータには270万人が参加
Michael Pachter: Bungieの新作フランチャイズは1000万本以上売れる
ActivisionとBungieが10年間の独占契約、次回作はマルチプラットフォームに
泳ぎ続ける魚のように……あのBungieがMicrosoftから自社組織に独立宣言
初代Xboxのオンラインサービスが本日4月15日で終了に
《Rio Tani》

PC アクセスランキング

  1. 『スカイリム』が全く別のRPGに生まれ変わる超大型Mod『Enderal』プレイレポ

    『スカイリム』が全く別のRPGに生まれ変わる超大型Mod『Enderal』プレイレポ

  2. DMMでサービス開始の『カオスサーガ』わずか26時間30分でサービス終了

    DMMでサービス開始の『カオスサーガ』わずか26時間30分でサービス終了

  3. Ubisoft30周年記念PC向け無料配信ラストは『Assassin's Creed III』に決定!海外発表

    Ubisoft30周年記念PC向け無料配信ラストは『Assassin's Creed III』に決定!海外発表

  4. 週末セール情報ひとまとめ『Youtubers Life』『DOOM』『Thumper』『Downwell』他

  5. 【特集】今こそ導入!『Fallout 4最新オススメMod』10選

  6. グラドル・忍野さらとガチバトル!『攻殻機動隊 S.A.C. Online』メディアキャラバンレポ

  7. Steam人気上位の『シヴィライゼーション VI』―その魅力や遊び方を改めて開発者に訊く!

  8. SFシューター『Prey』海外向けゲームプレイ―8分の孤独なサバイバル

  9. 『ウォッチドッグス2』オンライン協力/対戦を紹介する日本語解説トレイラー!

  10. 開発中止になった非公式『バイオ2』リメイクがオリジナル作品として復活!―その名も『Daymare: 1998』

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top