ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

死んだ敵兵士の肉片…『Bulletstorm』のプロモーショングッズが酷い

June 09, 2010(Wed) 19:06 / by Rio Tani



People Can FlyとEpic Gamesの新作シューターBulletstorm。パブリッシャーのElectronic Artsから海外ゲームメディア宛にとんでもないプロモーショングッズが送られてきたそうです。


※以下グロ注意!





“生もの”と注意書きされたダンボールに入っていたのは、なんと敵兵士の腐ったひき肉(に見せかけた物体)。血の付いたドッグタグ、歯、ボタン、銃弾などが混入した気味の悪さ全開の代物で、パッケージには細菌、毒ガス、放射能汚染の恐れがあるなどと記載されています。







ビニールパックに入ったUSBメモリには、Bulletstormの最新トレイラー映像やスクリーンショットが収められていたとのこと。

やや行き過ぎたプロモーション方法で過去にも物議をかもしたEAらしいやり口だと言えます。(ソース&イメージ: G4tv: Digging Through Meat: A Photo-Essay)


【関連記事】
Electronic Artsが各メディアに配布した『Dante's Inferno』のPRグッズが酷い
『Dead or Alive Paradise』の海外プロモ映像がちょっとヤバイ
『Dante's Inferno』最新プロモは子供ダンテの三輪車CM! そして地獄の第八圏へ…
Electronic Arts、メディアキットとして配布したブラスナックルの返却を要求
呪怨の海外ゲーム版『JU-ON』のプレス用パッケージがかなりの恐怖体感だった
海外版『フォーエバーブルー 海の呼び声』のプレス用パッケージに“リアル”魚がついてきた
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image